「有機JASマーク」ってどんな意味のマークでしょう??

ホームコンディショニング「有機JASマーク」ってどんな意味のマークでしょう??

ここ数年、食の安全がさけばれる中、食にまつわる様々な話題が世間を賑わせています。
良い話、悪い話様々。

食品には様々なマークが付けられています。
それを見て消費者が良かれと思って購入するのですが、実際問題、その表示について消費者は詳しくない。

完全に農薬を使っていないものと、栽培中だけ農薬や化学肥料を使用しない、または回数や量を減らしているものでも
表示は異なります。

栽培中に農薬を使わなければ無農薬なのか・・・違いますよね。

でも、実際は消費者はそこまで理解できていないのが実情ではないでしょうか?

先日、オーガニックの野菜を取り扱う業者さんとお話をする機会があり、色々と教えていただいたので
こちらでもアウトプットしていきます!

 

「有機」と表示できるのは、「有機JAS認定」を受けた農産物だけ

安心の目印「有機JASマーク」
有機JAS=約束がある食べもの  です。

ちなみにこんなマーク↓↓↓↓↓↓

有機JASマーク

安心の目印「有機JASマーク」

 

「有機農産物」とは、種まき・植え付け前2年以上、及び、栽培中に、原則として

化学合成肥料や農薬を使用しない農産物のこと です。

また、収穫後も、他の農産物と混ざらないように管理されています。

 

▶「有機栽培」と「特別栽培」の違いは?

有機栽培も特別栽培も何だかどちらも聞こえは良いですが、

特別栽培とは、栽培中だけ農薬や化学肥料を使用しないか、あるいは回数や量を減らした場合に表示が許可されたもの。
つまり、有機JAS基準に満たないもの、または認定を受けていないものをさします。

有機栽培は特別栽培よりもさらに厳しい生産システムの基準を満たした農産物なんです!

有機とつくものが値段が高いのは、基準を満たすために手間をかけているからなんですね~。

有機栽培 特別栽培
第三者機関の定期的な
生産管理の監査
あり なし
遺伝子組み換え種子の使用の可能性 なし あり
隣接する田畑からの農薬飛散を
防ぐための緩衝地帯
あり なし

 

お隣の田畑からの農薬が飛散するのもNGですからね。
有機栽培の基準は厳しい・・・けど、それだけに身体に良いということ。

有機農産物

有機栽培の食材

 

しいたけは香りが良いし、バナナは味が濃い!
正しい知識を持って有機農産物を消費者が購入することが、良いサイクルを生むと思います!

フラットにて有機野菜のおススメ宅配業者さんご紹介いたします!

興味のある方は気軽に聞いてくださいね!

 

í
up