お灸を使ったホームケア!お灸教室を開催します!

ホームお知らせお灸を使ったホームケア!お灸教室を開催します!

2017年より、お灸教室を開催します

リンクを貼ってありますので、目的の項目をご覧ください。

6663f479d1fd48f6384549abee6ab064_s

お灸とは

お灸とは, ツボ(経穴)と呼ばれる身体の特定の場所に対して
温熱刺激を与えることによって生理状態を変化させ、身体の調子を
整える治療法です。

過去には(現在でも)「やいと」と呼ばれることもあったので、お灸というよりも
「やいと」の方がしっくりくるという方もいるかもしれません。

ヨモギの葉を乾燥させて精製したものを手でひねりお米の米粒程度の大きさにして、
それを皮膚の上に乗せて燃焼させます。

現在では、もぐさを使用するお灸以外にも炭を使ったお灸などがあります。

 

お灸の種類

透・知熱灸

透・知熱灸で用いるもぐさ

透・知熱灸

もぐさを米粒大くらいの大きさにひねり出します。
それを皮膚の上に乗せて

fullsizerender

・燃やしきる・・・透熱灸
・燃えきる(熱を感じたところで)手前でとる・・・知熱灸

という方法


台座灸

台座灸

台座灸

皮膚と接する底の部分がシールになっているもの。

台座(紙)の上にもぐさが乗っています。
皮膚に直接もぐさを乗せるわけではないので、もぐさを燃やしきってもやけどの心配が少ないのが特徴。
現在、もっともよく使用されているタイプのお灸。


灸頭鍼

灸頭鍼

灸頭鍼

鍼の上にお灸を乗せて燃やす灸頭鍼。
皮膚に鍼が刺さっていることによる筋肉の緊張を緩和させる効果と、お灸の輻射熱を利用した方法。

何とも言えない心地よさがあります。


その他

棒の形状をした棒灸や、台座の代わりにお味噌や塩、しょうがをスライスしたものの上に
もぐさを乗せて燃焼させる隔物灸などがあります。

フラットでは、もぐさの代わりに灸頭鍼では炭の炭灸を使用しております。

灸頭鍼

炭灸を使った灸頭鍼

 


お灸にはどんな効果があるの?

お灸による温熱刺激は自律神経などに作用して内分泌系に影響を与えることが確認されています。

良く知られている効果としては、
お灸による温熱刺激で、赤血球を増やして血流を良くします。

また、温熱刺激を与えることで止血作用のある血小板の働きを良くして治癒促進も。
ねん挫などで内出血をしている部位にお灸(透熱灸)をすることで治癒を早めるケースがあります。

お灸による熱刺激で火傷を起こすことで白血球を増やし免疫力を高める治療法も。
(火傷と言っても病院にかからなければいけないほどの火傷ではありません)


フラットで使うお灸

主にフラットで使うお灸は、台座灸と灸頭鍼で使う炭の炭灸です。

台座灸に関しては、煙がもくもく出るものではなく、
煙がでるもののアロマの香りがするタイプのお灸を使用しております。

灸頭鍼で使用する炭灸に関しては、ほぼ煙がでない無煙のお灸です。

女性の生理痛には灸頭鍼がお勧めです。
個人差はありますが、施術後に即痛みが消える(緩和する)方が多いです。

IMG_5582

驚く方がとても多いですが、くるみの殻の上にもぐさを乗せて燃焼させる「くるみ灸」も行います。
眼精疲労の方にはとてもオススメ!

 


お灸教室の詳細

ホームケアとして、自宅で行っていただく!というのが大前提です!

個々で抱える悩みは異なるのは当然のことなので、
人数をたくさん集めて行うわけではなく、

お一人お一人に寄り添った形での教室(時間)にしたいと考えています!

事前にどんな症状で悩んでいるかをお伝えください。
症状に合わせたツボの選定をして、実際にそのツボがどのような効果があるのかなどをお伝えします。

所要時間としては30分くらい。
随時開催いたします!

費用は2,000円(お灸のお試しでのプレゼントあり)

まずは気軽にお問い合わせください。

 

LINEからもOKです!まずは友達追加を!
届いたメッセージに返信いただけるとこちらからも返信ができるようになります。

友だち追加数

フラットをお友だち登録すると最新情報が手に入る!!

í
up