なぜ野菜は旬のものが良いの?栄養価に違いはあるの?

ホームコンディショニングなぜ野菜は旬のものが良いの?栄養価に違いはあるの?

最近スーパーに行くとちらほらと夏野菜が陳列されています。

でも、現在の市場では一年を通してどんな野菜でも
旬関係なく売られていて、食べることができます。

だから、「旬」がわかりにくい!
そんな時代ですね。

昔から旬の食材を摂りましょう!
と言われてきました。

それってなぜだかわかりますか??

実は、旬の野菜はその季節、その時期に一番ベストな状態。
つまり、栄養素を一番蓄えて美味しいということ!

ハウス栽培では旬は関係なく、一年を通して
栽培が可能。

でも、旬の野菜と、ハウスで育てられた
ハウス野菜とでは栄養価に
大きな差があります。
(一年通してサラダに必要な野菜を食べれる!という点で
ハウス野菜もとってもありがたい!)

ある研究機関での結果では、旬の野菜と季節外れの野菜で
栄養価を比較したところ

2倍以上の差があったそうです。

旬の野菜を摂りましょう!っていうのには
科学的な根拠があるんですね~。

人は旬の野菜の栄養素を欲してる!

実は、季節ごとに不足しがちな栄養素を人が補給する上で
旬の野菜はとっても大事なのです。

色々ありますが、夏でイメージしやすいのが
キュウリやスイカなど。

これらは、夏の暑さで身体が熱を持っている時に食べることで
熱を逃がす(冷ます)効果があります。
また、キュウリ、スイカは水分を多く含んでいるので
水分補給にもなります。

 

また、汗をかいて不足しがちなビタミンやミネラルといった
補酵素(人の体内では作られないもの)を多く含んでいるのが
キュウリ、スイカなどの夏野菜です。
(逆に摂り過ぎた塩分の排出もしてくれます)

シソや、にんにく、ミョウガなどの薬味野菜も夏野菜。

バテテ食欲が無いって時でも
にんにく料理を食べると元気になる!のは
人が欲する栄養素を持つ夏野菜の効果と考えられます。

ただ、旬!と言いますが、
旬にこだわり過ぎてしまうと料理を作るのが
大変になることも多いのが実情。

なので、旬の野菜を取り入れながら色彩豊かな料理を
食べることで、見た目も味も楽しめます。

最近では、道の駅なんかで気軽に、安く旬の野菜を
購入できたりするのでお近くにあれば
行ってみてはいかがでしょう。

í
up