゛シワ”はこうしてできる! コラーゲン&エラスチンの生成を促す方法

ホーム美容鍼゛シワ”はこうしてできる! コラーゲン&エラスチンの生成を促す方法

お顔の老化現象として女性の間で気にされているもの

その代表格は
「シミ」・「シワ」・「たるみ」の3つ。

前回の記事ではシミがどうしてできるの?
プラスαとしてその対策までお伝えしました。

で、今回は「シワ」と「たるみ」について。


 シワはこうしてできる  

シワ・たるみができる原因は?

女性なら大抵の方が、男性はお肌への意識高めの方なら
聞き覚えがあるかと思います。

コラーゲンエラスチン

キレイな配列を作ってくれているこの二つの繊維が
崩れてしまうことでシワ・たるみが生じてしまいます。

シワのないハリのある肌に欠かせないものとは?

肌は表層から角質・表皮・真皮・皮下組織といった層が重なってできています。
シワのないハリのある肌には

上図のようにコラーゲンというたんぱく質が網目状に適度に張った状態。

そしてエラスチンがコラーゲンを束ねています。

ハリのある肌にはピンと張っているコラーゲンが欠かせません!

やはりそうだったのか!紫外線という悪い存在

①の図の中にあったコラーゲン。
紫外線を浴びるとコラーゲン分解酵素とエラスチン分解酵素が活性化。

その結果、
ピンと張っていたコラーゲンが分解されてグニャグニャに。

また、紫外線によって発生する活性酸素はお肌そのものを酸化(老化)させ
コラーゲンとエラスチンの生成を減少させてしまいます。

※簡単に言えば、紫外線を浴びるとコラーゲンとエラスチンが壊れて
 骨組みを保てなくなるという、イメージ

真皮層が乱れるとは

シワのないハリと弾力のあるお肌には

ピンっと張っているコラーゲンがあります。

しかし、紫外線を浴びたお肌は酵素の働きによってコラーゲンが分解されて
ピンっと張っていることができません。もちろんエラスチンも・・・。

それによってキレイな網目状の配列は見るも無残な姿に形を変えてしまいます。

小さなシワで済めばよいですが、大きなシワが出来てしまいます。

シワのある弾力の無いお肌の出来上がりです。

 

予防するにはどうすれば良いの?

もっとも簡単なことは紫外線対策!
UVケアです。

シミの原因も紫外線。

ご自身のお肌にあったUVケアに取り組みましょう!

 

ハリ・弾力のある肌を取り戻す方法

コラーゲン・エラスチンの生成が減少してしまい、
キレイな網目状の配列が崩れてしまっても

電気を流す美容鍼をすることで減少してしまったコラーゲン・エラスチンの
生成を促すことができます。

 

まとめ

シワのないハリのある肌に欠かせないのは

コラーゲン

というたんぱく質でしたね。

そのコラーゲンが失われるきっかけは紫外線でした。

シミはメラニンの蓄積が原因。きっかけは紫外線を浴びること。

だからといってメラニンの生成を抑えるUVケアに力を入れてしまうと、
紫外線から肌を守ってくれるメラニンが守ってくれなくなります。

メラニンが蓄積してしまう理由は 肌の細胞の新陳代謝低下 です。

シワも紫外線が原因で生じます。

でも、そもそも新陳代謝が高ければそれほど問題ない!のです。

ご自身での適切なUVケアをしつつ

肌の細胞の新陳代謝を高める

コラーゲンエラスチンの生成を促すために
電気を流す美容鍼 を受けることで

調子よい、キレイなお肌を保つことができます。

 

夏場はお肌がダメージを受けやすい時期!
適切にケアをしていきましょう!!

【電気を流す美容鍼】についてはこちらから

=====================

LINEでご予約&無料相談受付中!

お友だち追加後、お返事いただけると
追加してくださったことが分かりますので、
よろしくお願いします

友だち追加

=====================
しんきゅうコンパスでコラム投稿しています!

長引く夏風邪を早く治す方法

夏場の頭痛は治療を受ける前にまず水分の補給から! 

夏場のむくみ撃退!&足がつるのを和らげる方法

その他はこちらから

=====================

フラットの公式facebookページ

フラットの公式Instagram

í
up