アキレス腱のストレッチ方法 ヒラメ筋の伸ばし忘れにご注意を

ホームコンディショニングアキレス腱のストレッチ方法 ヒラメ筋の伸ばし忘れにご注意を

最近、ランナーのお客様が多いな~と思っていたら
もう来週末には名古屋ウィメンズでした。

ほ~んと月日が経つのが早すぎます!

さてさて、本題にいきましょう!

アキレス腱のストレッチ方法 ヒラメ筋の伸ばし忘れにご注意を

アキレス腱とは??

足の膝からくるぶしまでを下腿と呼びますが、
その下腿の後面にある筋肉で代表的なのが下腿三頭筋です。
下腿三頭筋は

・腓腹筋内側頭
・腓腹筋外側頭
・ヒラメ筋

の3つの筋肉で構成されており、その3つが束になったのがアキレス腱です。

下腿三頭筋とアキレス腱

下腿三頭筋のストレッチをしよう!

ストレッチでのよくある問題点

よく運動の前にアキレス腱のストレッチをしましょうね!

「急な運動をすると場合によってはアキレス腱を断裂しちゃいますよ!」

なんて脅されたっていう経験がある方もいらしゃるかもしれません。

本当に、アキレス腱を断裂しちゃうと歩けないので
脅かしたくなるのもわからなくもないですが…。

よくあるストレッチってこんな感じですよね。

このストレッチも間違いではありません。
でも問題があります!!

3つの内2つしか伸ばせていない!

ということ。

伸ばせていないのが「ヒラメ筋」です。

ヒラメ筋のストレッチをしよう!

下腿三頭筋の中でもヒラメ筋は一番深部にあります。
まさに魚のヒラメのように薄い、平たい筋肉。

そこを伸ばすのはこんな感じで

「考える人」のまねではございません。

ご注目いただきたいのは右の足首と膝です。

腓腹筋の内側頭・外側頭は膝を伸ばしてストレッチしました。
でもヒラメ筋は膝が伸びた状態では伸びません。

上記写真のポジションが

・足首が硬くてとれない
・足首が詰まった感じがして不快

といった感覚がある方は階段などの段差を使って

こんな感じで伸ばすのもOKです。

膝を伸ばすと

腓腹筋が伸びます。

実際のストレッチをする際は靴を履いた状態でやる方が
しっかり伸びると思いますよ。

ストレッチのポイントは

「気持ち良い~!」

って思わず声を出しそうな強さで。

いっきに「ギュン!」って伸ばすのはNGです!

しっかり伸ばしたい時は同じ筋肉を何回かに分けて伸ばすのがポイントです!

ランナーにはキネシオテープがおススメ

テーピングというと、なんとなくがっちり固定をする、
という印象が強いかもしれません。

でも実は、筋肉をサポートしてくれたり、リンパの流れを促してくれる
というテーピングがあります。

それがキネシオテーピング!

フラットでは

業者さんおススメのカラーのテープを使っていますが、

筋肉のラインに沿って貼ってあげると、筋肉をサポートしてくれるので
疲労が溜まりにくいし、軽く感じます。

走るという動作はこの動きが多いので

・ふくらはぎ
・膝
・腰

に貼ると走った後のリカバリー(回復)も早いかと思います。
(※個人差はあります。)

 

まとめ

アキレス腱は腓腹筋とヒラメ筋で構成されています。

しっかりストレッチしたのに・・・アキレス腱断裂しちゃった

という方はもしかするとヒラメ筋のストレッチができてなかったのかも
しれないですね。

ヒラメ筋のストレッチは忘れがちなので。

しっかりとストレッチをして楽しく走りましょう!!

キネシオ試したい方は気軽にご相談ください。

 

フラットの公式インスタグラム


ご相談はLINEが便利です!

お友だち追加後、お返事いただけると
追加してくださったことが分かりますので、
よろしくお願いします

友だち追加

 

í
up