コーラに特保マーク?なぞ多き特定保健用食品マーク。

ホーム未分類コーラに特保マーク?なぞ多き特定保健用食品マーク。

休みの日は、コンビニで2リットルのミネラルウォーターを購入して
その日のうちに飲み切るフラットの山田です!

ミネラルウォーターを購入する時にずら~っと並んでいる
飲料品の中に

特保マークのついているものが増えたな~

と。

というわけで、ちょっぴり特保についてまとめてみよう!

◇ 特保マークって?

そもそも、特保というのは「特定保健用食品」のことで
特保(トクホ)と略されていることが多いです。

【特定保健用食品】《 トクホ 》は、食品のもつこの三次機能(体調調節)に注目し、不適切な生活習慣に伴う健康リスクを低減するように工夫された食品で、健康に対してどのような機能をもっているかを示す「保健の用途」を具体的に表示することを、国が許可した食品です。
(公益財団法人 日本健康・栄養食品協会)

 

◇ トクホのこんな捉え方は要注意です!

これを食べたら、飲んだら身体に良さそう・・・。

こんな風にトクホを捉えている方はとても危ない!

あくまで、乱れた食習慣から引き起こされる可能性のある健康リスクを
抑えるように工夫された食品で、それを具体的に表示するのを
国が許可した・・・

もっと簡単に言えば、

これを飲んだり食べたりすることで
健康上こんな効果がありますよ~

ってことを商品に書いていいよ!

って国が許可した商品、

それが特保です。

効果効能を謳えるのは皆さんよくご存じの薬。
特保マークが付いていれば飲料や食品であっても効果が謳えるってこと。

例えば特保マークの付いたコーラには

食事で食べたり飲んだりした脂肪の吸収を抑えて排出を増加させて、
食後の血中中性脂肪が上昇するのを穏やかにしてくれる

といった感じのニュアンスで記載されています。

◇ じっくり成分表示を見てみよう!

某メーカーのコーラの成分表示です

難消化性デキストリン、これが食後の急激な血糖値の上昇を抑えてくれるんですね。
ちなみにこの難消化性デキストリンは天然由来の添加物なので良しとしましょう。

問題なのは、甘味料!

国内の研究機関での論文はまだまだ少ないですが、
海外では問題に挙げられている甘味料。

・アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物

・アセスルファムK(アセスルファムカリウム)

・スクラロース

ちなみに上記の甘味料は

摂取しない方が良い危険な甘味料と言われています。

そんな甘味料が入っているのに特保マークが付く。
不思議ですよね。

危険とされている甘味料が入っているのに・・・。

確かにカロリーゼロという点や、難消化性デキストリンが入っている
という点で消費者庁が定める基準を満たすのかもしれません。

これを飲めば痩せれる!
と連想してしまいそう・・・ですよね。

だって、脂肪の吸収を抑え、血中の中性脂肪の上昇を抑える・・・
といったうたい文句。

でも、これを飲んだらどうなるか。
痩せれません!

理由は申し訳なさそうにですが、小さく

食生活は主食・主菜・副菜を基本に食事のバランスが大事

といった感じで、要するに
バランスのとれた食事を適量食べることが
大事ですよ!

ってこと。

◇ 用法・容量がある  

トクホのコーラには注意点があります。

薬みたいに用法・容量があります。

一日1回、食事の後に1本が目安だそうです。
また、糖尿病の方は医師の指示に従って・・・。との記載も。

一日2本飲んじゃダメ!1本まで!

ということですね。

裏を返せば一日に2本以上飲むのは

危険です!

と言っているようにも聞こえてしまう・・・。
私だけでしょうか??

◇ 最後に   

身体に良さそうというイメージではありますが、
実はそういうわけでもない!

トクホ製品が高いのは、単純に製品の素晴らしさ、
というわけではない!ってこと。書くのは控えますが...

現状、甘味料を摂りすぎることで健康被害が生じるという
明確な報告が国内では無さそうです。

なぜなら、

健康被害というものは長期間摂取してはじめて
起こるものであり、わかるもの。

だから騒がれるようになってはいるもののこれからしばらくは
本当に甘味料が良いのか悪いのか研究に時間を要するはず。

でも、そもそも健康を本当に考えるのであれば、

ゼロシュガーとか、ダイエット飲料・食品とかではなく

本当の食生活の見直しが大事なはず!

ですよね?

つまり、最終的にはそこなのです!

身近なもの

パン、ヨーグルト、乳飲料、コーヒーにお菓子など
ありとあらゆるものに人工甘味料は入っています。
(ヨーグルトは・・・ほぼ入っている)

甘味料が入っている・・・ってことを知って食べるのか、知らずに食べるのか。
もし身体のことを考えるなら甘味料が入っていない砂糖の入っているものを
選ぶ方が良い・・・とはいっても見直すなら砂糖の入っているものを
極力減らすことですね。

すべて排除!

ではなく、無理のないストレスのかからないところから始める!

それが一番だと考えます。

ちなみにわたくし山田は特保製品は買いません。
正確には買ったことがありません。

手には取りますが・・・。例のごとく裏の成分表を見ます。
そして「あ、やっぱり入ってるよね~」と思いながら棚に戻す。

もし、特保製品でオススメなものが出れば・・・

その時はご紹介しますね!

長々となりましたが、最後までご覧いただきありがとうございました!

í
up