シンスプリント(脛骨疲労性骨膜炎)について。

ホーム症状・部位別のお悩みシンスプリント(脛骨疲労性骨膜炎)について。

4月から5月は、新たな運動に取り組んだりする時期。

学生のスポーツ現場で、特にこれからの時期は
シンスプリント(脛骨疲労性骨膜炎)という症状が出るケースが多い時期です。

新入生には徐々に身体を作ってもらいながら、慣れてきたであろういま時期位から
本格的に運動量が増えてきます。

陸上競技に取り組むランナー

その急激な運動量の増加により「脛骨」、つまり足の脛(すね)の骨の内側に痛みが出ます。
一般的には陸上選手やジャンプをよくするバスケットボールやバレーボール選手などに
よくみられるスポーツ障害です。

 

うちくるぶしの上10センチくらいに痛みが出たら要注意!

シンスプリント

真ん中の赤い点の近辺に痛みが出たらシンスプリントかも

症状が強いと、押さえるだけでも飛び上がるくらい痛いことも。
初めはランニングの時に痛みを感じる程度だったのが、進行すると運動後も痛みが持続し、
歩くだけでも痛みが出ることがあります!

 

原因は何だ??

そもそも、このシンスプリントの原因は

・運動量が急激に増えた

・スピードトレーニング(短距離ダッシュなど)を繰り返し行った

・ふくらはぎの筋肉のストレッチや筋力トレーニングを怠った

・偏平足である

・ランニングシューズの衝撃吸収が悪い

・コンクリートなど舗装路でのランニングが増えた    など様々。

靴を変えたり、練習場所を変えることで原因を取り除くことができる場合もあります。

 

どうすれば治るの??

一番簡単なのは運動を休むこと。

でも、運動せざるを得ないことの方が多いですよね。
なので、その他の方法としては

・ストレッチをする

・マッサージや鍼灸治療を受ける

・アイシング&アイスマッサージをする

・インソールを入れる    など。

フラットでもシンスプリントの学生さんは多く来店いただいています。
治療をすれば必ず治るし、運動もすぐにできるようになります。

 

▶フラットでは動きながら治していけます!

ただ、一番は
シンスプリントにならないような身体の使い方をするのがベスト!
なので、我々は治療と併せて身体の使い方の面でもアドバイスをさせていただきますよ。
痛みで悩んでいる方、一度ご相談ください!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

友だち追加数

フラットをお友だち登録すると最新情報が手に入る!!
(お得なクーポンなど)

【お友だち登録方法】

◇ 上の「友だち追加」をクリックする

◇ LINEを起動して、ID検索で「@bno5634k」と入力して追加

QRコードを読み込む
登録方法の詳細はこちらです

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

í
up