ピンチをチャンスに変える言葉の力 ~ペップトーク~

ホーム未分類ピンチをチャンスに変える言葉の力 ~ペップトーク~

ペップトークとは?

短くて分かりやすい!そして魂を揺さぶるショートスピーチ!のことです。
もっとわかりやすく言えば

人を元気づける・勇気づける短い言葉です。

勇気づける!というと誰を勇気づけることをイメージしますか?

まず第一に思いつくのは
家族や、友達、同僚などの身近な存在をイメージすると思います。

もう一人、勇気づける人物がいるとしたら、それは「自分」です。

私も、ペップトークを知った時

「何て素晴らしいんだろう!」って思いました。

でも、その時はまだ本や人から伝えきいた情報で、自分を勇気づける・・・
ということろは知りませんでした。

興味を持ってペップトークのセミナーに行って

「自分自身を励ます、勇気づける」ということ、意外とできていないし
考えもしなかったな~と、その時は思いました。


「言葉の力」と「仲間の力」

先日、ALS(筋委縮性側索硬化症)という難病を患っている
あだちせつこさんの講演会に行ってきました。

世間で話題になったアイスバケツチャレンジ。
氷水を頭からかぶるか、寄付をするかというもの。
記憶に新しいのではないでしょうか。

現在の医療ではどうすることもできない難病。
徐々に全身の筋肉が萎縮し、やがて呼吸に必要な呼吸筋まで。

自分で呼吸ができなくても人工呼吸器があれば生き続けることができます。

でも、自分では何もできない。

何もできないけれど、人工呼吸器があれば生きれる。

現在、日本人でALSを罹患している患者さんの多くは人工呼吸器を
装着しない道を選択される方がほとんど。

呼吸筋が萎縮し、呼吸ができなくなる。
つまりは死を選択されるんですね。

あだちせつこさんは、小学生にもなっていない、まだ保育園に通うような
お子さんがいらっしゃいます。

お子さんの成長を楽しみに生活していたところにALSという難病を発病。

今後の自分を想像すると、どうして良いかわからず悩まれたそうです。

そんな時に救われたのが、

「仲間」と、その仲間からの「言葉」です。

言葉には力があります。

あだちさんは言葉に救われたからこそ、自分にできることをやろう!
そう決意して講演会で語ってくださいます。

私もあだちさんの講演を聞いたからこそ言える!

「言葉って大事ですよ!すんごい力がありますから!」

どこかにフラットのオーナー&副支配人もおります!

そうはいってもなかなか伝わらないかもしれませんが。
名古屋でペップトークの普及活動に力を入れているJCCAの講師仲間の
たかさんこと鈴木孝さんが定期的にセミナーを開催しています!
ご興味ある方は是非、受講してみては??

たかさんのブログはこちら!「笑顔と元気のきっかけ作り!」


ペップトーク書籍のご紹介

ペップトーク

 

【おすすめページ】3日間限定のクリスマスイベント

í
up