二の腕引き締めトレーニング!第3弾!

ホームコンディショニング二の腕引き締めトレーニング!第3弾!

さて、ここまでで2つの二の腕引き締めのエクササイズをお伝えしてきました。
復習はこちらから
フレンチプレス
キックバック

今日、ご紹介するのは簡単に言えば腕立て伏せです。

▶トライセップスプッシュアップで二の腕引き締め

まずは、このエクササイズはフォームが大事です!

背中からお尻、踵までを一直線に!

背中からお尻、踵までを一直線に!

 

いわゆる腕立て伏せです。
背中からお尻、踵(かかと)までが一直線になるようにフォームを意識します。
両手は肩幅か、肩幅よりも少し狭くします。

 

背中から踵までの一直線をキープ!

背中から踵までの一直線をキープ!

 

脇を締めて、肘が外側に曲がらないように注意しながら身体を落としていきましょう!
スタートのフォームから身体を落として肘が90度くらいに曲がるまで下してから元のフォームに戻る、

これを繰り返します。
この一連の動きを自然な呼吸で(息を止めないで)行いましょう!

▶膝を伸ばしてはちょっと無理という場合はこちらからスタート

このトレイセップスプッシュアップはかなりハードなので、いきなりは苦しいかも・・・。
という方は、膝をついて行ってもOKです!

背中から膝までが一直線で!

背中から膝までが一直線で!

肘を90度になるまで下します

肘を90度になるまで下します

 

膝を伸ばしてやる時と同様にポイントは
背中から膝までが一直線になるようにフォームを意識します。
両手は肩幅か、肩花よりも少し狭くしましょう。
脇を締めて、肘が外側に曲がらないように注意しながら落としましょう!

 

このフォームはNGです!

このフォームはNG!

このフォームはNG!

 

背中が丸くなっている上写真のようなフォームはNGです。気を付けましょう!

 

▶回数の目安は?

たくさん回数をやれば効果もそれだけ出やすい!と勘違いしがち。
回数をたくさんやることが目的ではありません。

正しいフォームで行うことが大事!
ですので、まずは5回からスタートしましょう!

最初はきつければ膝をついた姿勢から。
その姿勢から5回~20回くらいまで余裕でできようになれば、膝を伸ばしたフォームで5回からスタート。
こちらも、最終的には20回まで。

きれいに行えるようになって来たら、20回を1セットとして一日に3セットくらいが目安です。

 

▶見本としてやってみました。参考までに。

 

何気に、腕立て伏せできる!って思っている方も、このフォームで行うと意外とできなかったり・・・。
是非やってみてください!

í
up