プロテインとの上手な付き合い方について。

ホームダイエットプロテインとの上手な付き合い方について。

プロテインというと、なんとなく間違ったイメージを持っておられる方が多い!

それはなぜか!

これまで、プロテインというと筋トレをしている人=プロテイン、
プロテインを飲んでいる人=筋肉ムキムキという勝手なイメージ、印象が強すぎた!

そんな印象を受けます。

ぜひぜひ、正しいプロテインのイメージに書き換えてくださいね!

〇 そうか、だから飲むのか、プロテイン!

プロテインは、高タンパクで糖質ゼロ!という理想的なダイエット食です。

飲むタイミングとして一番ベストなのは筋トレ後。

「ほら、やっぱり筋肉ムキムキじゃ~ん!」

筋トレ後にプロテイン=筋肉ムキムキ。

これまた間違ったイメージ。

正しくは、筋トレをすると筋肉が傷つきます。経験ないですか?
一所懸命筋トレをすると筋肉痛が出ますよね?

そう!
そのタイミングで摂取するのです!
そうすることで、傷んだ筋肉の修復を促進し、脂肪が筋肉に変わるのをサポートしてくれます。

 

〇 糖質ゼロだけどカロリーはある!

プロテインの糖質はゼロですが、カロリーはあります。

7e01ea648e1083771c60c0b6c45d5773_s
糖質はゼロですが、プロテインは水に溶かしたり、牛乳や豆乳に溶かして飲む方が多いのでは?

牛乳や豆乳にはエネルギー(糖質)があります。

つまり、糖質ゼロのプロテインを牛乳や豆乳で飲んでしまうとカロリーオーバーということも。

最近のプロテインは飲みやすくなっています。
ゆえに、プロテインと一緒に食事もとってしまうとカロリーオーバーということも。

究極は、夜ご飯は食べずに、プロテインに置き換える!
バナナ味や、チョコレート味のプロテインもあるので、気軽に置き換えれるのでは?

ダイエットで短期間に結果を出したいならば、一食置き換えもOKだと思います。
もちろん、目的を達成したら、普通に戻せば良し!

ストレスを感じながらのダエットは一番避けたいですね。

ちょっとしたアドバイスはさせいただけるので
気軽にご相談くださいね!

 

最後までごらんいただきありがとうございました!

フラット 山田修平

次回の記事の予告  【有酸素運動について】

 

 

 

í
up