マシーントレーニングは一歩間違うと肩こり増強マシーンに早変わり。

ホームコンディショニングマシーントレーニングは一歩間違うと肩こり増強マシーンに早変わり。

だいぶ筋トレが習慣づいて走り出せそう・・・な感覚を得ている
フラットの山田です。

定休日に走ろうと思っても雨の日に重なることもあるので
ジムに入会しようか迷い中。

そんな時に、スポーツジムでトレーニングしている!
というお客様がご来店。

肩こりを解消する、そして運動してリフレッシュをするのを目的に
ジムに通っているそうなのですが、なんか上手くいかない...

他にも同様の悩みを抱えている方がいらっしゃったので
私なりに解説します!

猫背の方がマシントレーニングをする時は要注意!

バタフライマシーン

マシーントレーニングは一歩間違うと肩こり増強マシーンに早変わり!

上の写真で主に鍛えているのは大胸筋と言われる筋肉です。

逞しい身体を手に入れたい!という男性に人気の筋肉です。

胸板を厚くしたい!
バストアップしたい!
体重を減らしたい!

という目標がある方には外せない筋肉ですね。ただ...

猫背のまま大胸筋を鍛えるとどうなる?

猫背ってこんな感じですよね。

猫背のイメージ

この姿勢でバタフライマシーンをするポジションをとろうとすると

上の写真のように手がしっかり上がりません。
ちょっと、オーバーに見えるかと思いますが、実際に猫背の姿勢を
作ってやってみてください。
上がらないはず!いや上がらないです。

理想のポジションは


↑こうですよね。
腕が上の写真のように上げれるのは背骨の柔軟性があるから。
猫背で背骨の柔軟性が失われていると、良いポジションを作れません!

つまり!猫背では良いポジションを作れないので下図↓

可動域(動かせる範囲)が狭くなります。
それが原因でタイトルにもある通り、

・猫背がひどくなる

・肩こりが増強する

・お腹がポッコリする

・バストダウン(形が崩れる)

といったデメリットが生じます。

バストダウンしてきたぞ!(汗)って時は

 

猫背の方が、大胸筋のトレーニングをしないと
バストが重力によって下がり、
内寄りに下がります。

バストダウンが気になる!って時は上記の時ですね。

じゃあ結局どうすれば良いの?

胸板を厚くしたい!のであればこの筋肉を

大きくする必要があります。
バストアップには大胸筋がしっかり

働いてくれないといけません!

答えは、すでに出ていますが・・・

姿勢を整えてトレーニングに取り組むことです!

どこのジムでもたいてい置いてある・・・
使い方は教えてもらえなかったり、そもそも教えるスタッフが
いないことの方が多いようですが、

ストレッチポールです!

とりあえず、トレーニングの前に乗りましょう!

もし乗り方がわからなければ、フラットにご来店ください。
(今ならLineでお得なストレッチポール指導が受けれるクーポンあり)

姿勢を整えたら、大胸筋だけでなく、バランスよく
鍛えましょう!

バランスよく・・・はジムのトレーナーさんが詳しく教えてくれる

はず!です。

もちろん、気軽にフラットにお問い合わせいただいても
OKです!

フラットをまだLineでお友達追加していない方は
こちらから→https://page.line.me/bno5634k

 

【お勧めページ】 ストレッチポール関連記事 

 

í
up