マッサージ機の手軽で気持が良いが故の落とし穴。ついつい毎日・・・。

ホームセルフケアマッサージ機の手軽で気持が良いが故の落とし穴。ついつい毎日・・・。

自宅にマッサージ機があるとついつい陥りがちな方、多いのでは??

近頃、これまでお世話になった両親や家族に対しての贈り物として
マッサージ機が贈られていることが多いように感じます。

数年前にブレイクしたトレンディ―エンジェルの斉藤さんも
お父様にマッサージチェアをプレゼントしているのを
テレビ番組で見かけました。

フラットでも来店いただいている方の息子さんから貰った!と
喜んで使用しているというお話を聞いたことがあります。

と、その方もそうだったし、最近見えた方もそうだったのですが

「気持ちが良いから毎日使っている」

とのこと。

思わず

「毎日ですか??」

と聞き返してしまいました。

思わず…。

そうなんです!
ついつい陥りがちなのがこれ。

手軽で家にあるとついつい毎日使っちゃう。

毎日使って何が悪いのさ!

って思う方もいらっしゃると思います。

しっかりと、刺激の強度の管理をして、時間を決めて、とできる方は
毎日使っても問題ありません。

おそらく、メーカーの取り扱い説明書にも

「毎日の使用は避けてください」

といったニュアンスでの記載はされていないはずです。

ではなぜ毎日の使用をフラット山田がおススメしないか・・・

それは「慣れ」です。

人の身体は毎日刺激を入れているとだんだんとその刺激に対して
その日は心地が良い、ちょうどよいと感じていたのが毎日同じ強さだと
だんだんと物足りなくなってしまいます。

それが、「慣れ」というやつです。

慣れるとだんだんと刺激を強くしていき最終的にはMAXまで。

それで物足りなくなると身体をぐいぐいと押し付けてしまうことも。

そうなると筋肉の線維が硬くなってしまいます。
硬くなってもなお刺激を入れ続けると硬く厚みのある

脆い筋肉の出来上がり。

これで良い??訳ないですよね。

いくら手軽といえど、刺激の入れすぎにはご注意を!

毎日刺激入れてもOKなツールと言えば

これ!

ストレッチポールです。

ストレッチポール関連のおススメ記事はこちら!

マッサージチェア、便利ですが適度な間隔をあけて使ってくださいね。

í
up