今日は病院へ出張ボディーケアへ行ってまいりました!

ホームコンディショニング今日は病院へ出張ボディーケアへ行ってまいりました!

月二回くらい参加している夜勤明けの看護師さんやドクターに対してのボディーケア。

出張ボディーケア

中日新聞でも取り上げられた活動に参加してます!

 

私が今日担当させていただいた看護師さんは、
夜勤をして疲労困憊なはずなのに、たくさんしゃべる!

きっとお話が好きなんだろうな~と、会話しつつのボディーケア。
30分の時間があっという間に。

こちらがしっかり施術しなければいけないのになんだか会話で楽しませていただいた感じ?
もちろん、スッキリ爽快な身体になっていただけました。

整形外科所属の看護師さんだったんですが、

看「患者さんは歩けるのに、なぜか手術して欲しい!っていってくるの」

私「え?」

看「手術すれば何でもかんでも良くなると思ってるみたいなの」

私「痛いから手術をすれば痛みゼロになると思っちゃうんですかね?」

看「そう。だけど・・・治るわけじゃないからね!」

治るわけじゃないからね・・・グサッと来ましたね。

そうなんです。
膝が痛いから、股関節が痛いからって人工関節を入れれば治るのか・・・治るわけではないんです。

身体的には確実に弱くなる!脆くなるという表現の方が正しいかな?
だって、自分のパーツでなくなるわけだから。

人は2本足で立ってますが、微動だにせずじっと立っていることは無理です。
少なからず、揺れています。

その揺れに対して自分の関節だから察知して対処できるのが、人工関節になると察知できない!
そういった点で、人としての機能の一部を失うことになります。

そう考えると、ちょっと自分の関節大事にしようかな、って思ってもらえるでしょうか。

ボディーケアのスタッフとして参加したのに、大事なことを再確認させていただいた、そんな出張でありました。

自分の身体を長く使うからこそのコンディショニングであり、運動。
受けるだけが治療ではなく、自分で動くことも治療である!ってことをしっかりと意識づけしていかないと。

 

今月はあと一回出張があります。
次回(24日)は副支配人が行きますので、私はフラットでお待ちしております!

病院のお世話にならないように、しっかりと体調管理しましょうね~!
よし!今年はインフル流行らないな!・・・あ、今年はあと2か月だった(汗)

 

最後までご覧いただきありがとうございました!
コンディショニングトレーナー 山田修平

í
up