宮島の鳥居は、基礎の上に置いてあるだけ。人間の体も基礎が大事!

ホーム未分類宮島の鳥居は、基礎の上に置いてあるだけ。人間の体も基礎が大事!

先日連休をいただきまして、実は山口県と広島県に行ってきました。

広島県は廿日市市にある宮島へ。

宮島と言えば厳島神社が有名ですよね。
そして海に立つ赤い大鳥居

海から見た厳島神社と大鳥居

実は、実はなんですが・・・
あの大鳥居は鳥居に用いられている木材などの重み
それだけで立っているってご存知でしたか?

簡単に言えば海につくられた基礎(土台)に

置かれているだけ!

台風でも倒れたなんてことはないのです。
鳥居は自重で立っている!

台風などの自然災害をたびたび受けるものの
倒れることなく立ち続ける。

すべてが絶妙なバランスで保たれていることがわかります。
先人の知恵って凄いですね。

厳島神社から見た大鳥居

てっきり水中に埋められているのかと思っていました。

人の身体も同様に土台が大事。

土台がしっかりしているかしていないか。

簡単な動きでも身体がぶれてしまう人と、
ちょっとやそこらの力ではぶれない人の違いは単純な筋力の差の他に

土台である

骨盤と体幹が安定しているかどうか

です。これがポイント!

今日は暑かったですが、夏は残念ながら終わりに向かっています。

あまりに暑くて動けず怠けて崩れてしまった~という方。

少しずつ整えて効率よく動ける身体づくりをしていきましょう!


LINE限定のクーポンまだまだご利用いただけます。
8月が終わるまでにぜひご利用くださいませ~♪

友だち追加がまだの方は
コチラから

友だち追加数

フラットをお友だち登録すると最新情報が手に入る!!

í
up