思わぬところに落とし穴。過度な過信は危険! ~熱中症~

ホームコンディショニング思わぬところに落とし穴。過度な過信は危険! ~熱中症~

そろそろ梅雨明けが近そうですね。
本格的な暑さに備え気を引き締めましょう!

 

さて、今日はこんなお話を。

思わぬところに落とし穴。

学生時代に高校野球の名門校で3年間野球部で頑張った!

高校野球と言えば真夏の炎天下で白球を追う

そんなイメージではないでしょうか。

普段の練習から太陽の光降り注ぐ炎天下で何時間も練習したり
プレーしたりして慣れている高校球児や
その他のサッカーや陸上競技などをしている学生にとっては
30℃を超える気温で運動をしても特に問題は起こらない。

上記のような生活、学生時代は炎天下でも部活動頑張った!
なんて方は多いはず。

でも、その頑張った記憶が実は落とし穴。

学生時代にいくら炎天下の中で何ら問題なくプレーしていたといっても
運動をやめて5年10年、早ければ1年で運動していない人と
同様の身体に衰えます。悲しいですが・・・。

ですが、衰えているにもかかわらず

「炎天下で運動してたから俺は大丈夫!」

という、過去の記憶で判断してしまう。

ここがとても危険!

過去の自分の記憶で過信してその結果
1時間足らずの運動でも熱中症に。

確かに、年配の方の熱中症も増えていますが、
こういった若い世代でも多い!

油断さえしなければ防げるケースがほとんどなんですけどね。

9月くらいまでは、運動の際の水分補給をお忘れなく!

仮に熱中症っぽくなってしまったら

直射日光の当たらない場所へ移動して
首や脇、股関節、膝裏など太い血管付近を冷やしましょう!
その際にスポーツドリンクや水で水分補給もしながら。

症状の改善が見られなかったら
最終手段です。
病院で診察をしてもらいましょう。

大丈夫、大丈夫と引きずらないのが一番ですよ。


LINEで気軽に問い合わせ予約できます!
まずはフラットを友だち追加
友だち追加数

フラットをお友だち登録すると最新情報が手に入る!!

í
up