日差しを浴びる時間が短い冬こそ摂取しよう「ビタミンD」

ホームセルフケア日差しを浴びる時間が短い冬こそ摂取しよう「ビタミンD」

日差しを浴びる時間が短い冬こそ摂取しよう「ビタミンD」

ビタミンCやビタミンB群に比べて
「ビタミンD」って何?ビタミンってDもあるの?

といった感じで、あまり知られていないビタミンD。

健康な身体づくりには不可欠!な栄養素です。
寒い冬にこそ摂取する必要がありますが、不足しがちなビタミンDについて
ご紹介します!

ビタミンDの働きとは

骨や歯を丈夫に保つ

ビタミンDは骨や歯のもとであるカルシウムやリンの吸収を促します。
また、歯を丈夫に保つ再石灰化にも役立ちます。

筋肉の維持・増加に役立つ

ビタミンDが筋肉の維持・増加に役立つ!
ということが最近の研究でわかってきました。

筋肉は車でいえばエンジンです。
エンジンが大きければ大きいほどエネルギー消費も大きくなります。
人の場合は代謝が良い。つまり太りにくい!
そして、代謝が良いと体温が高いくなります。
体温が高いと免疫系が活発に働いてくれるので風邪をひきにくい
丈夫な身体になります!

筋肉が増えることは生活習慣病の予防になります。
また年配の方の場合は転倒予防にもつながります。

適度な運動の後には筋肉の再生に必要なたんぱく質の摂取
に加えて、筋肉の維持・増加に役立つビタミンDの働きを
うまく活用しましょう!

なぜ冬に摂取しなければいけないの?

ビタミンDは魚やきのこなどの食品から摂取するほかに
日光に含まれる紫外線を浴びることで肌で作られます。

ビタミンDの生産量は日光を浴びる量に比例します。
日も長く太陽に光を避けようとしてもしっかりと浴びる夏場に比べて
冬は日光を浴びる時間が短くなります。
(寒さで肌を衣服で覆ってしまいますよね)

夏場はしっかりと体内で生産されていたビタミンDが冬になると
極端に不足してきます。
不足した分は日光に浴びれば良いですが、それよりも食品から
得る方が効果的です。

不足しがちな冬場は積極的に食品からビタミンDを摂取しましょう!

※ 日光を浴びにくい冬は夏に比べると体内で作られるビタミンDの量が
なんと、70%減!と言われています。

一日の摂取量は?

男女ともに摂取の目安は

5.5㎍ / 日 

とされています。

不足し過ぎると、骨軟化症や、年配の方ですと骨折のリスクがUP。
過剰摂取はサプリメントの大量摂取でもしない限りは起こらないとのこと。
100㎍が上限とされています。

ビタミンDを豊富に含む食材

しらす干し
紅鮭
さんま(生)
さば

などの魚類に多く、干物にも多く含まれます。

まとめ

紫外線(太陽の光)を浴びることで肌で作ってくれる栄養素
ではあるものの、冬場は紫外線を浴びると言っても衣服で肌を
ほぼ覆ってしまっています。

屋外で活動する時間が長くとも不足しがちになる栄養素です。
冬の寒い時期は積極的に食品から摂取するよう心がけましょう!

加えて、筋肉の維持・増加のためにも適度に身体を動かしましょう!

 

í
up