筋トレは無酸素運動だけど無酸素運動ではない。

ホームダイエット筋トレは無酸素運動だけど無酸素運動ではない。

過去の記事はこちらから 太らない身体の作り方シリーズ

太らない身体の作り方シリーズvol.7

▶ 筋トレは無酸素運動です。

でも、「無酸素運動=筋トレ」というわけではありません。

無酸素運動は短距離ダッシュのような酸素を取り込まずに行われる運動のことです。

短距離ダッシュのような運動は、普段身体を動かしていないような人が

行うのは危険です。血圧の上昇や心臓・血管の負担になりますからね!

無酸素運動は危険と言われるのはこのためであって、決して筋トレがイコールではないのです!

あくまで筋トレは無酸素運動ですが、そのカテゴリーに含まれるだけで

イコールではないので、

筋トレは避けるべき危険な運動ではありません!

 

▶ 筋トレのメリット

筋肉を太くし、筋肉量を増やし、代謝の高い身体にすること!

エネルギーの最大の消費者は筋肉!!

ということはこれまでに何度もお伝えしてきました。

そして、基礎代謝は運動によるエネルギー消費の2倍以上。

エネルギー消費の約4割が筋肉によるものでしたよね。

だからこそ、

積極的にエネルギーを消費するための運動として

筋トレはとても効果的です!

 

筋肉は何もしなければだんだんと細くなり、少なくなります。

加齢とともに衰える現実を理解・納得し、それを

減らさない努力が大事です!

無酸素運動で消費されるのは糖質なので、
筋トレでは体脂肪は消費されません・・・が!
筋トレで鍛えられた筋肉は

何もしていない時に体脂肪をエネルギー源として消費してくれます。

脂肪の燃焼に関与していなさそうな筋トレこそが実は脂肪を燃焼させる近道!なんです。

 

次回の記事は【運動の順番について書きます!】
おの楽しみに♪

最後までご覧いただきありがとうございました!
フラット 山田修平

í
up