肩こり感がある・・・でもあなたの肩は肩こりじゃないかも。

ホーム症状・部位別のお悩み肩こり感がある・・・でもあなたの肩は肩こりじゃないかも。

肩が重く、だる~く感じるとき、無意識に肩を自分で触ったり、揉んだりしていませんか??

我慢できず、短時間で揉んでもらえるクイックマッサージで!と思って行ってみたんだけど
やってもらっているときは気持ちが良かったのに、終わってから

「あれ?あんまり変わってない!」なんてことありませんか?

実はそこが肩こりの落とし穴!
肩にこり感があるから肩がこっているってわけではないのです!

 

▶肩こりの一般的なイメージは?

・肩の筋肉が使われすぎて疲労物質が溜まってだるく感じる!

・筋肉への血行不良で筋肉がこり固まっている!

フラットにご来店いただいている方の多くはこんなイメージを持たれているような印象です。

確かに、これに当てはまるケースもあるでしょう。
しかしながら、そうでないケースの方が最近は増えてきています。

 

▶肩こりの原因は不良姿勢、いわゆる猫背が原因!

 

僧帽筋はこうしてストレスを受ける

僧帽筋はこうしてストレスを受ける

 

そもそも、猫背とは、背中が丸まって頭が前方に出ている状態のこと。
肩こりでこり感を感じる第一位は僧帽筋。
猫背になるとその僧帽筋がとってもストレスを受けるんですね~。

 

猫背で肩関節が内側に巻いていることで、前方に引っ張られているだけの僧帽筋。
触ると、僧帽筋が固いように感じるのは前方に引っ張られて固いだけ。

 

▶じゃあどうすれば??

 

もう一度先ほどのイラストを、よ~く見てみましょう!

 

大胸筋が縮こまっている典型的な例

大胸筋が縮こまっている典型的な例

 

肩関節が内巻きになることで、胸の筋肉(大胸筋)が縮んでいるのがイメージできますでしょうか?
そう!

鋭い方は気づかれたかもしれません!

要するに、縮んでいる大胸筋を伸ばしてあげれば良いのです。
大胸筋が伸びて緩むことで肩関節も元の位置に戻り、それによって、僧帽筋もストレスを受けない
リラックスできる位置に落ち着きます。

 

▶改善方法について。

 

大胸筋が縮こまっているのを改善するには

 

猫背にはストレッチポール

猫背にはストレッチポール

 

ストレッチポールがお勧めです!
フラットでお伝えするストレッチポールのコースでは、セルフコンディショニング!つまり、自分で自分の身体を
コンディショニングができるようにしっかりと正しくお伝えします!もちろん、繰り返し修正しながら。

もちろん、ストレッチポールのほかにも、胸を伸ばすストレッチでも効果あり!です。

 

肩こりでお困りでしたらまずは気軽にご相談ください!

í
up