薄着になる前に身体引き締め脱メタボ! さようならメタボリックシンドローム!

ホームダイエット薄着になる前に身体引き締め脱メタボ! さようならメタボリックシンドローム!

ゴールデンウィークが終わり、徐々に季節は春から
夏!
向かい始めています。

外は気持ちが良くても車の中は窓を閉め切ると

30℃!

前後になっていることも。

まだ大丈夫!と思っていても、薄着の季節は迫っています。

夏までに、脱メタボ!の取り組みしてみては?

メタボリックシンドロームとは?

簡単に言えば内臓脂肪症候群のこと。
隠れ肥満という方がこれに当てはまることが多いですね。

診断基準は?

まずはウエストサイズ!

ウエストサイズを測ることで、おおよその内臓脂肪の蓄積状態
を知ることが可能。

男性は85センチ以上 女性は90センチ以上

ウエストサイズがオーバーの方は黄色信号!

以下、3つの内の2つに当てはまるとアウト!

高血圧

収縮期血圧(最高血圧)130mmHg以上
拡張期血圧(最低血圧)85mmHg以上

高血糖

空腹時血糖値 110mg/dL以上

脂質異常

高トリグリセライド血症(中性脂肪)150mg/dL以上
低HDLコレステロール 40mg/dL未満

一つでも当てはまったら既に予備軍です!

ウエストサイズが基準を超える時点で、内臓に脂肪が

溜まっている!

そんな状態です。
内臓に脂肪が蓄積している身体では、既に
3つの項目すべてにおいての基準値を超えるところまで

足を踏み入れている!

けっこうやば~い状態であることを認識しましょう!

ポッコリお腹が気になる女性の生活習慣病

40歳以上の女性の生活習慣病の現状

約2人に1人が高血圧! 

高血圧症の方の割合(49.8%)

約4人に1人が高血糖!

糖尿病が疑われる人、もしくは予備軍の割合(26.1%)

約4人に1人が脂質異常!

脂質異常が疑われる人の割合(24.5%)

放っておくとこんな怖い病気になる恐れも・・・

脳梗塞

脳出血

心筋梗塞

狭心症  など、発症したら命に係わる!

生活習慣病の解消には何が必要?

まだまだ健康で楽しく生活したい!って方
では、そのためには何が必要か?

ずばり!

運動!です。

運動でも特に重要なのが筋力トレーニングをして

筋肉をつけること!

なぜ生活習慣病予防に筋肉が必要か?

身体にしっかりと蓄積をしてしまった脂肪は
有酸素運動をすることで減らすことはできます。

ただ、効果的に脂肪を燃焼できているかというと

できていない!

有酸素運動をしなくなると脂肪が蓄積し始めます。

効果的に脂肪を燃焼するためには

代謝を上げて内臓脂肪が燃えやすい身体にする必要があります。

筋肉には代謝を上げて内臓脂肪を燃やす働きがあります。
代謝が上がれば、普段の生活の中でエネルギーが燃やされます。

何もせず、エネルギーが燃える!ってありがたいですよね?
そんな理想的な連鎖を産むためには

姿勢がカギ!

になります。

なるほど!
そういうことか!!

と気づいた方はなかなか鋭いですね~。

次回の記事ではその「姿勢がカギ」である訳を解説します。


フラットをお友だち登録すると最新情報が手に入る!!
友だち追加数

【お勧め記事】 運動の順番それがとても重要!

í
up