足がつる(こむら返り)のってどんな時? 対処法について。

ホームセルフケア足がつる(こむら返り)のってどんな時? 対処法について。

日増しに暑さが厳しくなってきました。

それとともに汗をかく量も増えますよね~。
そして意外と多いのが夏場のむくみ&冷え。

さらに、今回のテーマでもある

足がつる、いわゆるこむら返り

をしやすくなる!ということ。

こむら返りについて。その症状は?

自分の意に反して筋肉が以上に収縮したり
痙攣したりすることで、強い痛みを伴います。

痛みを伴うので、こむら返りが起こっている時は
動かすのが非常に困難です。

一般的によく起こる場所(部位)は?

最も多いのが、ふくらはぎ。

他にも、腕の筋肉や太ももやお尻の筋肉だったり、お腹の腹筋でも
起こることがあります。

ですが、ふくらはぎに起こるのが一般的です。

足がつったり、こむら返りが起きやすい時は?

主にサッカーやラグビー、テニスなどの運動量を伴う競技を
行う時は筋肉に疲労物質である乳酸が溜まりやすく、
それが引き金になって筋肉の異常収縮(足がつる)
が起きると言われています。

また、陸上競技においても、短距離ダッシュを繰り返し行ったり
長距離走、また登山などでも起こることがあります。

また一番悩まされるのが、

睡眠中や、うたたねをしている時に不意に起きる!
これがもっとも困りますよね。

対処法(ケア)あるの?

競技を行っていると、つったり、こむら返りが起きそう
というのが、事前になんとなくわかります。

そういうケースでは、起こる前に違和感の感じる筋肉を

ストレッチするのがベストな対処法です。

つってしまった!こむら返りが起きてしまった!
そんな場合でも、ストレッチをする姿勢になんとか
身体をもっていき筋肉を伸ばすことができれば
激痛を避けることができます。

一般的に、ふくらはぎがつった場合は・・・

アキレス腱を伸ばすストレッチをすれば痛みが和らぎます。

でもそのストレッチをしてもまだ痛みが残ったり
違和感が残るな~という時は

アキレス腱の中でも一番深い場所にあるヒラメ筋が
原因の可能性があります。

ストレッチの方法はアキレス腱を伸ばすストレッチに
とても似ているのですが、少し違うポイントがあります。

それがこちら

伸ばしたい側の膝を少し曲げるのがポイント

膝を伸ばして行わず、膝を曲げて行います。


ちなみにアキレス腱を伸ばすときはこちら ↓↓↓↓↓↓

膝を伸ばしてみるとアキレス腱の表面の筋肉が伸びます

膝を伸ばしてと、膝を曲げてだと、伸びている箇所が異なるのを
感じていただけると思います。

なんか、つりそう・こむら返りが起きそう、という時は
筋肉が伸びる方向へゆったりとストレッチをかけましょう!

やらない方が良いことは?

良かれと思って筋肉を揉みほぐそうとマッサージをしてしまうと
筋肉が大げさに言えば損傷してしまう可能性がありますのでご注意を!

今後のケアとして

汗で身体の水分が体外に出てしまうと汗に含まれる塩分も
一緒に流れ出てしまいます。

汗に含まれる塩分が筋肉にとってはとても重要。

水分として水ばかり補給すると体内の塩分濃度が下がってしまいます。
これも、つったり、こむら返りの原因でもあります。

適度な塩分を摂取しつつ水分補給を心がけましょう!

塩分はできれば天然の塩がベストです。
手軽ではありますが、スポーツドリンクは糖分が多いので
ついつい糖分の過剰摂取になりがちです。

最近では糖質カットのスポーツドリンクが販売されています。
糖質がカット!
良さそうに聞こえます。

カットされるのは糖質ですが、甘みがカットされる訳ではなく
合成甘味料で甘いと感じさせられている(胡麻化されている)ので、
とっても健康的!とは言えないドリンクです。

気軽に塩分を摂取しようにも塩の摂取は難しいな~という時は
一度ご相談くださいませ。


フラットでは友達を大募集中です!
友だち追加数

フラットをお友だち登録すると最新情報が手に入る!!

í
up