足の冷え改善におススメな4つのツボ! ~セルフお灸~

ホームセルフケア足の冷え改善におススメな4つのツボ! ~セルフお灸~

自分でできる「セルフケア」 ~お灸編~

 

足の冷えはなぜ起こる?

足って、心臓の位置からするとどういう位置にありますか?
決して近くはなく、一番遠い位置にありますよね。
そのため血液が末端まで巡りにくいため冷えやすいのです。

夏なのに足が冷たい、部屋を暖かくしているのに足だけ冷えるという方は
血行不良による冷え症になっている可能性が高いです。

また、末端の血管は細く、自律神経の影響を受けやすいのが特徴。
そのため、極度に緊張する機会が多かったり、ストレスを過度に抱えている
という方は末端の血管が自律神経の乱れによってギュッと締まることで
流れが悪くなり、結果的に冷えにつながっていることもあります。

冷えが増悪する原因は?

ハイヒール(ブーツ)で足を圧迫(指先にグッと力がかかりますよね?)
したり、長時間のデスクワークで座りっぱなしの姿勢を
続けたり、運動不足による筋力の低下でも血流が悪くなり、
冷えの原因となります。
(※ふくらはぎの筋肉がポンプの働きをしてくれますが、その筋肉の筋力が
弱くなってしまうと、ポンプの働きが低下。
冷たい血液が循環しなくなってしまいます。)

若い女性に多い、足や腰を露出した服装・・・敢えて言うまでもなく、
よろしくないですね。

放置すると起こりうる症状

足の冷えを放置すると、下半身に脂肪がつきやすくなったり、
ふくらはぎのポンプ作用が弱くなることで、冷たい、悪いもの(老廃物)が
溜まりむくみの原因に。老廃物の溜まった身体では肌も荒れます。

腰痛も起きやすく、また婦人科機能の低下なども起きてきます。
人によっては月経痛がひどくなることも。

東洋医学的には?(簡単に)

身体には400近いツボがあります。
そして、足には首や頭、そして婦人科系だったり胃や腸と関わりのある
ツボがたくさんあります。

足が冷えるということは、そんな観点からも良いことはありません。
極端かもしれませんが、足が冷えるという、ただそれだけで
身体全体の不調を起こす可能性があります。

自分でできるお灸
フラットの「お灸教室」で使っているお灸

お灸ラインナップ

ソフトなお灸、アロマ灸が人気です

<太谿穴>

太谿穴トリミングバージョン
太谿穴の深部には後脛骨動脈という動脈が走っているので
お灸で温めることで、血管内を流れる血液にも熱が伝わり
冷えの改善にもつながります。

お灸に限らず、足湯でも太谿穴周囲を温めるのは非常に良いことです!


<関元穴>

 

関元穴トリミングバージョン
お灸で温めるのをオススメしますが、ホットタオルやホッカイロで
温めるのもOK!です。
太く足につながる血管がお腹の奥深くにはあります。
お腹を温め、奥にある血管、その中の血液を温めることで、温かい血液が
全身をめぐるようになります。

冷えの根本的な改善のためにお腹を温めることはとても大事!です。


<腰陽関穴>

腰陽関トリミングバージョン

自分でなかなか据えにくい場所なだけに、お灸ではなく
ホッカイロで熱を加えるのもOKです!

関元穴と同様に腰もお腹の深部にある血管を温めるために
とても大事なツボです!


<三陰交穴>

三陰交トリミングバージョン

三陰交穴は、婦人科系の不調がある時にとても反応が出やすいツボです。
冷え改善の他に、月経痛がひどい時にも温めることで症状の緩和が
期待できますよ。

まとめ

足の冷えは、様々な不調の原因になるケースがとても多いです。
様々な施術を受けて一時的に改善しても長続きすることは稀。

根本的に改善するには、自分で行うセルフケアが大事です!
お灸を使ったセルフケアもその一つ。

ただ、最も重要なポイントは、身体を冷やさない行動をとること。
外から温める、温かいものを食べる・・・それもそうですが、

「冷たい物を控える!」

これにつきます。

冷たい物・・・想像するとわかりますよね。

暑い時はもちろん、寒い時は温かい空間で食べる冷たいスイーツ。
止められない!・・・わかります。

スイーツに限らず、冷たい物を摂取することが冷えの大きな原因の一つ
であることを強く認識した上で摂取してくださいね。

冷たい物を摂取したら、すぐに温かいものを摂取する!
それだけでも何もしないよりは身体のストレスは少ないはず!

ぜひ、実践してみてください!

 

【オススメページ】 ブーツをカッコよく履くにはこれの解消が必須!

í
up