運動する時は、運動しない時より多めの水分摂取を心がけて!

ホームお客様の声運動する時は、運動しない時より多めの水分摂取を心がけて!

暑さがだんだんと緩んできました。
今週は台風が来てからというものの雨の日が多く、ようやく雨が上がるという予報。

さて、涼しくなってきて運動を再開しようかな~なんてお考えの方がちょこっとずつ
出てきているのではないでしょうか??

人に言われず、自主的に運動しようと思い、行動に移せるのはとても素晴らしいこと。
ぜひ、運動をスタートしてください!

ただ、運動は嫌いです!という方
でも、病院の先生に運動をしなさいとか、筋肉をつけなさいとかしつこく言われている方も
実はとても多いですよね。

今日は、さんざん病院でも運動を勧められ家族からも運動をするように言われてようやく
運動をスタートした方のとっても危険な、でもありがちな問題点について。

運動しない時もする時も水分量は同じ。

普段から水分は良くとります!という方。
でも、運動してもいつもと変わらない水分量。

運動する・しないで、水分量変わりませんけど・・・

って、これ良いわけない!

でも、意外とこれまでに運動してこなかった方は気に留めない。

骨粗鬆症もあり、体重も体脂肪が30%を超え、さらに筋肉の量が少ないN様。
体重がそれなりにあって、筋肉がしっかりあるなら話は別ですが、N様は筋肉が無い方。

だから、ちょっと動く時の動き始めが辛くて辛くて。
フラットで筋肉を緩めてあげても・・・一時しのぎにしかならない!だって、ベースの

筋肉が無いですから!

でも、そんなN様が某サーキットトレーニング施設に通うようになって、随分と身体の
感覚が変化したとのこと。

重い体重のせいで足のむくみもすごかったですが、今ではシュッとしている。

(『見て見て~足首が出てきたよ~!』と、とってもいい笑顔で見せてくれました。)
でも、身体の変化を喜ぶのは良いのですが、忘れてはいけなかったのが

「水分補給」

いつも汗をよくかくから水分はたっぷりとっている!運動したからといって余分に水分をとらない・・・
という生活を続けて日々の家事やその他もろもろ+サーキットトレーニングの疲労で

フラフラになって救急車のお世話になってしまうという・・・そんな事態に!

病院で診察を受けて、一日経ってフラフラは落ち着いたようです。あ~良かった!

よくよく聞くと、運動中にいつもよりも汗をかくけども、水分量は変わらず。

「日々の疲労と、トレーニング中の水分補給が足りないのがフラフラの原因では??」

って、アドバイスをすると目から鱗が落ちたように
「あ、なるほど!それだわ~」と納得されていました。

適度な水分の補給は命にかかわります。

適度な水分の補給は命にかかわります。

運動して、筋肉が少しついて、動きやすくなって嬉しさのあまり・・・水分補給は後回しだったようです。

人の身体の60%は水分です。
汗をかくかどうかや運動をするかしないか、で水分摂取量が変わるんです。

人間の身体は、上手にイオンバランスを整えてくれます。
水分を取りすぎたら尿として排出されます。

これから寒くなると水分を身体が欲さなくなるはずです。
ですが、しっかりと1日1.5リットルくらいを目安に、そしてそれを苦にすることなく
飲むことができるような習慣づけができると良いですね!

N様の目標、なりたい姿・やりたいことは
「ご主人とバス旅行に行っていっぱい歩きたい!」

目標達成もすぐそこかもしれません!
フラットもしっかりと運動できる身体へコンディショニングのサポートさせていただきますね~!

í
up