顔に鍼を打つことで免疫力が上がる・・・かも。

ホーム鍼灸治療顔に鍼を打つことで免疫力が上がる・・・かも。

免疫力と深い関係にあるのが、体温です。


体温が1℃下がるとどんなことが起こるでしょう?

もし体温が下がったら

1.免疫力が30%程度かそれ以上低下
→ 風邪やインフルエンザ、感染症などに罹患する可能性が高くなります

2.基礎代謝が10%以上低下
→ 一日の消費カロリーのうち70%が基礎代謝が占めます・・・が、基礎代謝が10%以上下がると
  消費されないカロリーが増え、それがやがて皮下脂肪として定着。

3.体内酵素の働きが約50%低下
→ 栄養の消化だけでなく、エネルギーを作り出す生産力も低下。

4.がん細胞の居心地が良くなる
→ 特に35℃をがん細胞は最もよく好みます。低体温はがん細胞の温床。

 

体温が下がるのには、メリットがほぼありません!


 

顔に鍼を刺す美容鍼が、実は免疫力を高めるかも?!

先日、お伝えした美容鍼の内容に追加で新たな情報を得たので、アウトプット。

美容鍼というと、美容目的。

肌の状態を改善させる手段。
実際に、鍼という異物を体内に刺すことで体内の修復機能が高まるのを期待して打ちます。

しかしながら、研究により顔に鍼を打つことで体感温度が2度上がる、という結果が出されています。
どういうことかというと、先ほどもお伝えしたように、体温が下がると免疫力が下がります。
体温が上がるということは、逆に免疫力が高まる!ってことです。

体感温度と体温はちょっと違いますが、体感温度が2℃上がるということは少なからず体温も
上がっていると考えられます。
ということは・・・、美容鍼で顔もきれいになり、身体も体温が上がり免疫力が高まっていうことなし!

ウハウハ!(最近はウハウハとは言わないのでしょうか??)


 

要するに、

顔に鍼を打つことは、単に美容のみならず
体感温度が2℃上がり、免疫機能も高めることが期待できる!

ゆえに、美容鍼は顔を集中に鍼を打つが、結果的に全身の調整をしている!ってわけです!!

女性の場合は、体温が下がるとお腹周りが冷えて、婦人科領域の不調が出やすい。
ただ、鍼を受けることで、体温が上がり、なおかつお腹周りを温める施術をすることで
とっても良い感じ!になるんです!


 

顔に鍼を打つなんて怖そう・・・

というイメージを持っている方がほとんどだと思います。
ただ、ここ最近モニターで受けてくださる方は皆さん、鍼を受けるのが初めて。

そんな、初めて受ける方も施術後のアンケートで

「スッキリ!」という感想をいただけています。

怖かった、もうやらない!という方はいらっしゃいません。

 

もちろん、鍼を刺すので前もってお伝えすると

鍼を刺す時、刺して奥に入れる時、鍼を抜く時の痛みは

ゼロではありません!

それでも、終わった後、やって良かった~!と思える・・・その程度の痛みです。

まだまだモニター募集しておりますのでご希望の方はご連絡ください!
LINEからもOKです!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

友だち追加数

フラットをお友だち登録すると最新情報が手に入る!!
(お得なクーポンなど)

【お友だち登録方法】

◇ 上の「友だち追加」をクリックする

◇ LINEを起動して、ID検索で「@bno5634k」と入力して追加

QRコードを読み込む
登録方法の詳細はこちらです

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

わからないこと、不安なことございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

í
up