ブログ

ホーム › ブログ

20代、30代で五十肩(肩関節周囲炎)と診断されてもショックを受けないで! ~知って治そう偽五十肩~

知って治そう偽五十肩!

五十肩って何?

そもそも、な話から。
五十肩は広義と狭義の捉え方が一般的で、
広義の定義では肩関節の周辺に痛みがあり、可動制限がある症状。

狭義の定義では疼痛と拘縮(固まって動かない)を伴う。
つまり、肩関節の中の腱板や、腱に石灰が沈着していたり、
年を重ねるごとに使ってきた身体のパーツに何かしら問題が出てきたことでの
痛みや拘縮による動きにくさがある場合。

20代、30代でも五十肩と診断されるのはなぜ?

若いのに

「五十肩と診断されました。」

といって、肩を落として来店される方がフラットには沢山います。
でも、そんなにショックを受ける必要はないのです。

簡単に解説しましたが、

「肩関節に痛みがあり、可動制限がある症状」

が五十肩と広い意味で定義されています。
詳しく調べると病名がつくけれども、肩関節に痛みがあって
可動制限があったら「五十肩」でしょ、って

とても便利なフレーズになってしまっているんですね。
実際、間違いではないですから。

診断されたらどうすれば良いの?

皆さん、肩関節が痛かったら病院で何科に行きますか?
聞かずとも整形外科ですよね。

整形外科はよっぽどのことが無い限り画像診断が主になります。

つまり、受診したらレントゲンなり、MRI検査。

その検査の画像から異常があるか無いかと、
徒手検査(機械を使わない)簡単な検査で診断されることが多い。

画像でわかるのは骨と筋肉と軟部組織。

ここで画像上、問題なかったら五十肩と診断されるようです。
(※これまでフラットに来店された方の聞き取りから)

で、あ~五十肩か、とショックを受けるのではなく

「骨や筋肉に異常はなかったんだ!」

前向きにとらえましょう!

 本当の原因はどこにあるの?

人の身体は構造上できる動きとできない動きがあります。
ただ、構造上できなくてもやろうとしてしまう、かばう動き(代償運動)があります。
以前の記事、
お悩み解決!ママさんバレーボーラーにありがちな腰痛。
をご覧いただくと、なんとなくわかってくると思いますが、

要するに、「姿勢」なんです!

姿勢が崩れてしまって、身体の構造上できなくなってしまっている、
この場合は腕を上げる(バンザイ)動作などを繰り返し行ったことで

肩が痛い!可動域が制限された!

ということになります。

(必ずしも「姿勢」が原因ではなく、本当に何かしらの
病気と関連している場合もあります。)

どうすれば治る??

はい、姿勢が原因であれば痛みは無くなりますし、
可動制限もなくなります。

「姿勢」を正せば良いのです!

簡単に言うけど・・・と思われますよね。

でも、ストレッチポールという素晴らしいツールを使えば

たった10分で姿勢が整います!
(完全に整うわけではないですが・・・)

まずは一度ポール指導を受けることをお勧めします!

自分に合ったポール(ストレッチポールは3種類あります)で、
適切にエクササイズを行うことで劇的な変化があるはず!!

お客様の声

ちなみに、こちらの女性は20歳半ば。
ある時、肩が痛くなって整形外科を受診。
「五十肩」と診断されたそうです。

まわりには

「その年齢で五十肩?」

「え、二十肩ってあるの?」

といじられていたとか。

フラットでは、簡単に全体を緩めて整える施術をしてから
ストレッチポールに乗っていただきました。

半年以上続いていた肩の痛みが

嘘のように消えたと喜んでいただけました!
ちなみに痛かったのは右肩

コンディショニングに要したのはたった2日です!

まとめ

20代、30代で「五十肩」と診断されるのはショックかもしれません。

ただ、若ければ若いほど、姿勢が原因で痛みや可動制限は
改善するのも早い!

ストレッチポールを使ったエクササイズは
たった10分でできるセルフケアです。

これからの痛まない身体づくりのためにも取り組んでみてはいかがでしょう!

 

【オススメ】ストレッチポール関連記事


産後ママから子育てが終わったお母さま方に人気の「ひめトレ体験会」 ポッコリ下腹もこれでスッキリ!

先日「ひめトレ体験会」を開催しました。

といってもフラットの体験会は贅沢にもマンツーマンの
パーソナルレッスン♪

そこが我々のうりでもあります。

ちなみに「ひめトレ」はこれ!

女性は男性に比べて尿道が短い。
だから女性は尿意を我慢し過ぎると「膀胱炎」になりやすいんですね。

続きを読む »


運動会で見かける光景「心と身体が嚙み合わない」 ~身体は昔のようには動かない~

運動会で見かける光景

「心と身体が嚙み合わない」身体は昔のようには動かない

明日は体育の日。このタイミングで

「運動会」が開催されている地区もあるのでは?

子供の運動会があるから身体を万全の状態にしておかないと!

と思って身体のケアに必死なお父さんやお母さんが
いらっしゃったのではないでしょうか。

フラットにも、明日動けるように・・・と、
コンディショニング(軽い身体に整える)に来店された方が
数名いらっしゃいました。

ただ、ここで注意したいのがタイトルにもあるように

「心と身体は噛み合わない」

ということ。

「昔は俺、足速かったから子供にいいところ見せたいんだよね~!」

なんて言っている方がとても危ない

過去のイメージは何の役にも立たない

大人になっても消えないのが過去のイメージ。
「自分は足が速かったんだ!」
という過去の栄光。

でも、実際は昔のイメージのように身体は動いてくれない。

時々見かけませんか?

赤信号を渡ろうと必死で走る大人を。

「あ、信号間に合うように走ってんだな~」より

「何か、走り方が・・・変だよね?」

っていう光景。

 

心と身体が噛み合わないから上手く走れない!

頭のイメージ(心)と同じように身体が上手く動かない。

腕の振りに足の動きがついてこない・・・。

身体が、軸が安定しない・・・。

というひどい有様に。

過去の自分が上手く、速く走れていたというイメージは今となっては
まったくと言っていいほど意味がないのです。

それは、上手く動いていた時からこれまでの間にだんだんと
身体を使わなくなり、走るのに必要な機能が衰えてしまった…

だから、思うように身体がついてこれなくなっているのです。

簡単に言うとロボットのような状態。

ロボットも昔に比べたらだいぶん滑らかな動きができるようになりましたが、
やはり、動きはロボット。

人は、ロボットには無い滑らかな動きをすることができます。

その滑らかな動きが、運動不足によりできなくなって
手・足・胴体が分離して動くロボットのような
動きになってしまっているんです。

走れるように身体を軽くするのが本当の準備ですか??

違いますよね。

滑らかな動きをすることができる。
その結果、上手く、速く走ることができるのです。

ということは・・・

お子さんにいいところを見せるんであれば

随分前から準備しなきゃ~いけないのが伝わりましたか?

運動会の前日にコンディショニング(身体を軽くする)ではNG!

最低1か月、いや2ヶ月くらい前から事前にトレーニングしないと!
滑らかで上手く、速く走るにはそれくらいの期間が必要ですよ。

身体は昔のようには動かない

昔のように動かすには1にも2にも準備です!
具体的にその方法についてはお一人お一人変わってきますので
気軽にお問い合わせくださいね。


ご予約&お問い合わせは気軽にLINEから

友だち追加数

フラットをお友だち登録すると最新情報が手に入る!!


ウインドウショッピングをすると足がだるくなるのはなぜ?足に優しい歩き方とは。

日常の会社や学校への通勤・通学などで歩くのと、
お休みの時にデパートの中を歩く。

同じように歩いているように見えてなんとなく違う・・・。

どちらかというとデパートを歩き回る方が疲れた感じが強い!
なんてことはないですか??

きっとある!という方が多いと思います。

ではなぜ、デパートの中を歩き回ると足がいつもよりだるくなるか!

イメージしてみましょう!

ボーリングの玉(10Kgくらい)を1mの高さから落とした場合

床が以下の素材の場合

大理石のような素材

コンクリート

木材

カーペットフロア

泥状(田んぼのような)

どうですか??

なんとなくのイメージで大丈夫です。

衝撃が凄そう(大きそう)なのは、

大理石のような素材とコンクリートではないでしょうか。
おそらく予想はできたかと思います。

続いて木材、カーペット、泥(たんぼ)ではないでしょうか。

では、この素材の床を人が歩くと仮定した時にベストは?

木材→カーペット→大理石のような素材・コンクリート→泥

の順か、カーペットと木材が逆か、です。

いくら衝撃を吸収すると言っても泥は埋もれてしまうと
足を持ち上げるのに負担がかかります。

この順番

気付いた方もいらっしゃるかもしれません。

オフィスや学校は

フロアがカーペットだったり、床が木材であるケースが多いはず。
木材でなくとも、硬いコンクリートではなく
ビニール系の素材(卓球のラケットに貼るラバーの素材に似ている?)
のようなもの(伝わりますか?)が一般的です。

これは、フロア内を立って移動する際に少しでも衝撃を和らげよう、
という配慮がなされているから・・・ではないでしょうか。

逆に、デパートなどでは、キラキラ光る大理石のフロアだったり
それに近い素材のものが多いですよね?
フロアをいかに綺麗に見せるかというところに重きを置いていたり、
高級感がでるのは大理石のような素材!ということなんでしょうね。

随分と前置きが長くなってしまいましたが、

デパートの中でも、歩きやすいウォーキングシューズを履いていれば
少しはましかもしれません。

しかし!デパートに行くときはどちらかというと歩きにくい靴、
かしこまったような靴を履いていることが多いですよね。
そういった靴は、衝撃を吸収してくれないものが多いので、
硬い大理石のような素材のフロアを歩くと足にかなりの衝撃をもたらします。

加えて、ウインドウショッピングはゆったりと歩きながら
いろいろな商品を見ますよね。

つまり、一所懸命歩くというよりは言葉は悪いかもしれないですが

だらだらゆっくりと歩きながらあちらを見てこちら見て・・・

という動き。
そのため、歩く時の姿勢も綺麗な姿勢というよりも、
やや後ろ体重になって崩れてしまいます。

真ん中が正しい姿勢。

例えば、スマートフォンを見ていたりすると左の図のような前かがみ(猫背)
の姿勢になっていることありますよね?
右の図のように後ろ体重で反り腰になるのは、立ち止まって何かを見ていたり、
列に並んだりしている時にありがちではないでしょうか?

足をしっかりと持ち上げて歩いていれば筋肉が収縮し、疲労物質も
筋肉のポンプ作用によって流れますが、すたすたと歩くようでは筋肉の
収縮は生まれません。


まとめ

デパートを歩く時は、

・靴の底が硬い素材ではなく、衝撃を吸収してくれる素材のものを選ぶ!

・できるだけゆったり歩くのではなく、程よい店舗で歩く

・30~1時間ごとに座って休憩(足のストレッチで筋肉を収縮させる)

といったことを意識していただくと良いかと思います。

こんな感じの靴の時は歩き過ぎにご注意を!

靴はおしゃれ靴でないと・・・という方は、
いつもよりもショッピングにかける時間を短くするか、
もっとこまめに休憩をとるなどの工夫をお忘れなく!


LINEでクーポンをゲット!
まだお友だち追加されていない方はこちらから

友だち追加数

フラットをお友だち登録すると最新情報が手に入る!!


ストレッチポールのお問合せが増えています!

自分で自分の身体をコンディショニングできる!

それが「ストレッチポール」です。

ただの円柱形だったり、半円でかまぼこ型のポールではありますが
とっても優れたコンディショニングのツールです。

今年はベッキーが使っていたりMAKIDAIさんがリハビリで使ってたり
有名なトップブロガーさんがポールを紹介してくれたりと、

様々なところで露出が増えた影響か、フラットでもちょくちょく
お問い合わせをいただいています。

お問い合わせは

・ストレッチポールの体験をしたいのですができますか?

・ストレッチポールを持っているのですが使い方がわかりません!

・そちらでポールを購入できるのですか?

といった内容が多いですね。

フラットでは体験もできるし、使い方の指導もOK!
ストレッチポールの購入も可能です。

フラットの山田はストレッチポールテクニカルアドバイザーです。
ご自身にどのポールが合うのかのアドバイスが可能です!

ポールって1種類しかないと思っていませんか?
(先ほどの写真で3種類あるってバレてるかもしれませんが・・・)

実は3種類あります。

円柱形でも細いMXとベーシックなEXの2種類
半円のハーフカット
(ポールの選択についてはこちらから)

どれを使うかで効果が変わってくることもあります。

購入の際はぜひ、一度乗り比べをしていただくことをお勧めしております。

自分に合ったポールで、正しい乗り方、エクササイズをすると

地面に身体が沈み込んでいる!

そんな感覚を体感することができますよ。

こちらのコースで体感できます!
気軽にお問い合わせくださいませ。


期間限定のお友達限定企画!
LINEでお得に上記コースを受けれるクーポンを配信中!

まだお友だち追加してない方はぜひ追加を!

友だち追加数

フラットをお友だち登録すると最新情報が手に入る!!

 

【オススメ】 ストレッチポール関連記事


涼しくなると気になる「むくみ」と「冷え」 理由を知って対策をしよう!

暑い夏が終わり、涼しくなってきました。
日中はまだ暑い!という日もありますが、朝晩はとても過ごしやすい。

とは言っても過ごしやすい季節はあっという間に終わってしまう・・・
気付いたら冬でした!なんてことにきっと今年もなるんでしょうね。

さて、タイトルにもあるように今回は

「むくみ」と「冷え」について。

どうしてむくむのか?

夕方になると足、特にふくらはぎがむくむという方が多いですよね。
これは人が生活をしていると避けられない人の身体の構造上の問題。

簡単に言えば、人は重力の影響下で生活をしています。
頭から足の方向に押しつぶされそうな方向に重力を受け
体内の水分が足先の方に溜まりやすくなってしまうというわけです。

続きを読む »


お悩み解決!ママさんバレーボーラーにありがちな腰痛。痛みから解放されて楽しくプレーを!

お悩み解決!ママさんバレーボーラーにありがちな腰痛。
痛みから解放されて楽しくプレーを!

「楽しくバレーボールをしたい!」

「スパイクを上手に打ちたい!」

「レシーブを返したい!」

といった思いを抱きながら
練習に励んでいる方が多いと思います。

~したい!とか、

~になりたい!とか・・・

気持ちが強すぎて、
身体は悲鳴を上げているのに
最初は重たかったし痛いところもあったけれど
プレーしてしまう。

プレーしていると痛みや違和感を忘れてしまうんですよね。
だからついついやってしまう。

でもやっぱり痛みのない身体で、よりパフォーマンスが向上するように
身体のこと気にしてあげるのがベスト!

身体は一人に一つだけ。
遊び用と仕事用で使い分けできないのだから。

今回の記事では、最近多いママさんバレーボーラーで

こんな症状があったら注意してくださいね!

という症状をご紹介します。

良い姿勢と悪い姿勢とは?

左 : 良好な姿勢    右 : 猫背(不良姿勢)

なんとなく、という視点でみても左の写真の方が良好な姿勢に見えますよね。
右は良い姿勢とは言えない。いわゆる猫背。
(※ 無理に猫背の姿勢をして撮影しているので若干不自然かもしれません)

 不良姿勢で腕をしっかり上げれないのはなぜ?  

不良姿勢のイメージ

猫背では腕を挙げようと思っても右写真の高さくらいまでしか上がらない

腕を良好な姿勢の位置くらいまで上げようとしても
骨格の都合上あげれません

 良好な姿勢だからこそ腕をしっかりと上げることができる 

実は、腕をしっかり上げようと思うと良好な姿勢でないと上げれません。

良好な姿勢だからこそ腕をスムーズに持ち上げることができます猫背では腕を挙げようと思っても右写真の高さまで上げることはできません。

腕を良好な姿勢の位置くらいまで上げようとしても
骨格の都合上あげれません

良好な姿勢だからこそ腕がしっかりと上げれる!のです。

不良姿勢で無理に動かしすぎるとどうなる?

無理に腕を上げようとすると色々と不都合が出ます。

腕を上げれないのに上げてしまうという行動は筋肉や靭帯、軟部組織などの
関節を構成する組織にストレスをかけることになります。

ストレスをかけ続けた結果、痛みや違和感が出ます。
バレーボールでスパイクを打つのをイメージしてみましょう。

左 : 良好な姿勢   右 : 不良姿勢

ポイントとなるのは赤い丸の部分です。

良好な姿勢のケース

良好な姿勢では、背骨(胸の高さ)の柔軟性により反ることができるので
腰を反らず、膝を曲げなくてもボールを打つことができる高さまで
腕を上げることができています。
実際はこの姿勢から回旋動作を加えてより強くスピードのあるボールを
打ちます。

不良姿勢のケース

背骨(胸の高さ)の柔軟性が無いために、腰でその分をカバーしています。
さらに、腰だけでは反り切れないので膝を曲げて何とか腕を上げています。
つまり、腰と膝が本来しなくてもよい動作をしています。
これにより、色々な動きに無理が来てしまい、結果的に
反り過ぎた腰に痛みが出るというケースが多くなっています。

まとめ

さて、ここまでの解説で何が言いたいかというと

ポイントは3つ!

1つ目

姿勢が悪いと無理な動きを良かれと思って身体がとってしまう。

2つ目

それにより、ストレスのかかる部分に痛みが生じる。

3つ目

痛みの出ている部分が本当の痛みの根源ではない!

ということです。

ではどうするのがベストか?

どこを代償(かばう動き)しているかの見極めが大事です。

痛いから痛い場所を揉んだりストレッチするのが間違いとは言えませんが
必ずしも正解ではないです。

まずは自分の身体の特性(癖)を知ることがとても大事です。
その特性(癖)が原因で起こりうる身体の不調を事前に知ったうえで
事前に揉んだりストレッチをしたり、エクササイズ(運動)をする

ということがとても重要です。

痛いけど今何ともないから、と何もしないのが一番危険!

ひとまず、自分の身体がどんな状態か、把握することから始めてみましょう♬


身体のことで気になる症状を相談したい!
そんな時には気軽にLINEでお問い合わせください。

友だち追加数

フラットをお友だち登録すると最新情報が手に入る!!

予約のご連絡もLINEからでOKです!


宮島の鳥居は、基礎の上に置いてあるだけ。人間の体も基礎が大事!

先日連休をいただきまして、実は山口県と広島県に行ってきました。

広島県は廿日市市にある宮島へ。

宮島と言えば厳島神社が有名ですよね。
そして海に立つ赤い大鳥居

海から見た厳島神社と大鳥居

実は、実はなんですが・・・
あの大鳥居は鳥居に用いられている木材などの重み
それだけで立っているってご存知でしたか?

簡単に言えば海につくられた基礎(土台)に

置かれているだけ!

台風でも倒れたなんてことはないのです。
鳥居は自重で立っている!

台風などの自然災害をたびたび受けるものの
倒れることなく立ち続ける。

すべてが絶妙なバランスで保たれていることがわかります。
先人の知恵って凄いですね。

厳島神社から見た大鳥居

てっきり水中に埋められているのかと思っていました。

人の身体も同様に土台が大事。

土台がしっかりしているかしていないか。

簡単な動きでも身体がぶれてしまう人と、
ちょっとやそこらの力ではぶれない人の違いは単純な筋力の差の他に

土台である

骨盤と体幹が安定しているかどうか

です。これがポイント!

今日は暑かったですが、夏は残念ながら終わりに向かっています。

あまりに暑くて動けず怠けて崩れてしまった~という方。

少しずつ整えて効率よく動ける身体づくりをしていきましょう!


LINE限定のクーポンまだまだご利用いただけます。
8月が終わるまでにぜひご利用くださいませ~♪

友だち追加がまだの方は
コチラから

友だち追加数

フラットをお友だち登録すると最新情報が手に入る!!


í
up