ブログ

ホーム › ブログ

ウインクあいちでストレス測定。

いよいよ、今週の水曜日にウインクあいちで「疲労ストレス体験会」が開催されます。

ストレス体験会

平成27年12月1日より、改正労働安全衛生法に基づいて施行されたストレスチェック制度!
それに合わせてのタイミングで!

▼ そもそもストレスチェック制度とは?

定期的に労働者のストレスの状況について検査を行い、本人にその結果を通知して
自らのストレスの状況について気付きを促し、個人のメンタルヘルス不調のリスクを
低減させるとともに、検査結果を集団的に分析し、職場環境の改善につなげる取組です。
(厚生労働省ホームページより抜粋)

▼ まずはストレスを測定してみましょう!

自分がどのくらいストレスを溜めているか、それがこれまではわからなかったんですけど、
いまは測定できるようになりました。

痛い思い一つせずストレス測定できます。

たった2分で!驚き!

ツボ押し▼ 9日はフラットも参加します!

われわれも、当日参加します。
ちなみに、測定前のストレス度が15分のボディーケア(マッサージ)でどう変わるか。
たった15分間ではあるものの多くの方で何らかの変化を期待できます!

お時間ございましたら、測定⇒フラットのボディーケア⇒再度測定 してみてください。

測定していただいた方にはフラットからちょっとしたツボ押しのプリント差し上げます!

イベントは
ウインクあいち(10階1009号室)にて10:00~15:00まで!

皆様のご来場お待ちしております!

フラット 山田修平


有酸素運動だけで痩せれる?

運動には「有酸素運動」「無酸素運動」があります。
▼具体的にイメージしてみましょう!

まずは無酸素運動から。
読んで字のごとく、無酸素。つまり呼吸せずに行う運動です。
つまり、50メートル走とか、100メートル走ですね。
他にもありますが、簡単にイメージできるはず。

そして、有酸素運動は、酸素を必要とする運動。ゆえに、運動中に呼吸を伴うということ。
簡単に言えばマラソンなどがそうですね。
マラソンを息を止めて行うと・・・すぐに倒れてしまいます。

▼痩せたいけど、有酸素運動だけでOK?

答えはNO!
もちろん、脂肪の燃焼を狙うのであれば有酸素運動は効果的です。でも20分以上続けることが条件。
効果的なのは組み合わせること!

73384311b2d2605386c7172f4c707954_s

▼無酸素運動⇒有酸素運動!がベスト!

無酸素運動は、脂肪を燃やすために必要な筋肉を増やすのに必要です!
そして、無酸素運動を始めるとすぐに成長ホルモンが分泌されて、
体脂肪が分解されて血中でエネルギーに変わり脂肪燃焼が始まります。

そのタイミングで、

無酸素運動から有酸素運動に切り替える!

そうすることで、効率的に脂肪を燃焼できます!

ダイエットの効果を最大限に引き出すならば
有酸素運動の前に軽くで良いので筋トレなどを行う!

というのがオススメです!

年の瀬が迫っております。
たくさん食べ過ぎて、体重が増えてしまってもすぐに元に戻せるように、まずは今の身体を
見つめ直して、少しずつ必要なことに取り組んで行きましょう!

フラットでは個人個人に必要な施術からトレーニングまでお伝えしていますので
気軽にご相談くださいね!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!
コンディショニングサロン「フラット」 山田修平


プロテインとの上手な付き合い方について。

プロテインというと、なんとなく間違ったイメージを持っておられる方が多い!

それはなぜか!

これまで、プロテインというと筋トレをしている人=プロテイン、
プロテインを飲んでいる人=筋肉ムキムキという勝手なイメージ、印象が強すぎた!

そんな印象を受けます。

ぜひぜひ、正しいプロテインのイメージに書き換えてくださいね!

〇 そうか、だから飲むのか、プロテイン!

プロテインは、高タンパクで糖質ゼロ!という理想的なダイエット食です。

飲むタイミングとして一番ベストなのは筋トレ後。

「ほら、やっぱり筋肉ムキムキじゃ~ん!」

筋トレ後にプロテイン=筋肉ムキムキ。

これまた間違ったイメージ。

正しくは、筋トレをすると筋肉が傷つきます。経験ないですか?
一所懸命筋トレをすると筋肉痛が出ますよね?

そう!
そのタイミングで摂取するのです!
そうすることで、傷んだ筋肉の修復を促進し、脂肪が筋肉に変わるのをサポートしてくれます。

 

〇 糖質ゼロだけどカロリーはある!

プロテインの糖質はゼロですが、カロリーはあります。

7e01ea648e1083771c60c0b6c45d5773_s
糖質はゼロですが、プロテインは水に溶かしたり、牛乳や豆乳に溶かして飲む方が多いのでは?

牛乳や豆乳にはエネルギー(糖質)があります。

つまり、糖質ゼロのプロテインを牛乳や豆乳で飲んでしまうとカロリーオーバーということも。

最近のプロテインは飲みやすくなっています。
ゆえに、プロテインと一緒に食事もとってしまうとカロリーオーバーということも。

究極は、夜ご飯は食べずに、プロテインに置き換える!
バナナ味や、チョコレート味のプロテインもあるので、気軽に置き換えれるのでは?

ダイエットで短期間に結果を出したいならば、一食置き換えもOKだと思います。
もちろん、目的を達成したら、普通に戻せば良し!

ストレスを感じながらのダエットは一番避けたいですね。

ちょっとしたアドバイスはさせいただけるので
気軽にご相談くださいね!

 

最後までごらんいただきありがとうございました!

フラット 山田修平

次回の記事の予告  【有酸素運動について】

 

 

 


ストレスって測れるんです!嘘か本当か試してみては?

現代人にストレスはつきもの。
ストレスフリーだぜ!っていう方はほとんどいらっしゃらないのでは?

でも、ストレスあるはずなのに、ストレスを自覚していない!そんな方が
とても多いのが実情。

▼今まで見えなかったストレスが測定できる!

目に見えないからわからない!それが一番の理由でした。
ストレスを抱えると、精神的な病に陥ることも多々ありますし、日常生活に
支障をきたすことも・・・。

そんなストレスですが、最近では

測定できるんです!実は。

そして、その測定がもの凄く簡単!
痛い思いなんてしなくても良いし、時間もかからない!

なんと、わずか2分ほどで測定ができる!!

凄くないですか?!

 

12月から企業では社員のストレスチェックが義務化されているとか。
いまとても、熱い!話題。
これまでに一度もストレス測定したことないな~という方はこの機会にぜひ!

Scan0001

12月9日(水)の10時~15時まで。
ウインクあいち10階1009号室にて。入場料は無料です!

測定には費用が必要ですが、「フラットのホームページ見た!」で無料になるはず。
我々も水曜日に現地におります。

一度測定して、結果があまりにも悪かった~という方に、測定後にボディーケアを
受けてリフレッシュ後に再度測定をする!ということをする予定です。

ご都合のつく方はよろしければ一度体験にいらしてください!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 


心と身体を繋ぐトレーニング。

先日、トレーニング関係のセミナーを受講してきました。

フラットではトレーニングの必要性を皆様にお伝えしています。
トレーニングには流行りがあり、今はそのやり方が良しとされているが、
数年後にはそれはNO!だったり。

最新の情報を仕入れることもとても大事です。
そういった関係からフラットでも、以前お伝えしたことと、最近お伝えしたことが
違う・・・なんてことがあるかもしれません。

でも、フラットでお伝えしている内容は、その時、その時の身体に必要だと思われる
トレーニングをチョイスしていますので、そこまで気になさらないでいただけるとありがたいです。

以前お伝えした内容も大事ですが、皆様の状態に合わせてステップアップしていくものですので、
過去よりも今、未来の自分の目標とする姿、想像してください。

わたくしも、習ったことを皆様に積極的にお伝えしていきます・・・と言いつつも
今日は若干、いやかなり筋肉痛ですが。

 

● さて、心と身体を繋ぐトレーニング。

アスリートから運動愛好家、もちろん運動はあまりしないという方。
感じたことはないですか?

ただ、足をこう動かしたいのに思うように動かない。

例を挙げるとすれば、
普通に歩いているだけなのにちょっとした段差で転けそうになる、または転けた。

つまり、心(意識)は足を上げているのに、身体はしっかり足を上げていない。
高齢の方なんかに多いですが、若い方でも最近はよくつまづいている方見かけます。

まさに心と身体の繋がりが弱まっている!
言い方を変えると、挙げた例でいえば、歩くという行動に対して現状では不向きな身体、
ということですね。

14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s

「ほんならどうすりゃ良いんだね?」

と、なりますよね。
答えは簡単です。
繋がりが弱いなら強くすれば良いのです!
繋がりが強くなれば、運動のパフォーマンスがUP!するのはもちろん、
身体の軽さも体感いただけます。

詳しくはコンディショニング60分コースを受けていただけると
お伝えできます!

今より動きやすい身体を手に入れませんか?

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
フラット 山田修平


うまくカロリーセーブする方法は??

シリーズ第3弾!

ここまでで、ダイエットに食事制限が必要か?筋トレするとムキムキになるの?といったことについてお伝えしましたが、今回はダイエット中に、大変なカロリーセーブをする方法について。

 

◎ヘルシーな食事はチョイスの仕方次第!

時間がなくて、ついつい食事はコンビニ食に頼りがち、という方いらっしゃいませんか?
ダイエット中なのに、疲れて仕事から帰ってきて食事の用意なんてしてられない!といって

「ダイエット中なのに・・・ま、いっか」と自分に言い聞かせるように仕事帰りにコンビニに向かってしまう方。

きっと多いと思います。

わたくし自身も、ダイエット中!と思いつつもついついコンビニに寄ってしまってましたから。

でも、最近のコンビニでは、健康志向な商品が増えてきています。

2f6ccb11f8765f442ca4be721a7d34e4_s
蒸し鳥は低カロリー・高タンパク質でとても有効なダイエット食です。
サラダやひじきの惣菜、豆腐や納豆などを組み合わせると

バランスがGOOD!です!

7e062637d72f7d20421865441acfd891_s

▲コンビニは誘惑が多い!

ヘルシー食が取り入れられている!とは言うものの、コンビニは非常に食の誘惑が多い!

お菓子や、こってりなお弁当、お酒のおつまみ、アイスクリームなどなど。
新製品!とうたっては消費者の心が揺さぶってきますよね。

わたくしはかな~り揺さぶられて負けることが多いですが。

 

◎できるなら1食置き換えも。

食べることが大好きな方には難しいですが、

1食くらい食べなくても大丈夫!という方は、1食分を食べずにプロテインで補うのも効果的。
何をチョイスして良いか迷ってしまうという方にもオススメ。

ダイエット中は食べても良いのですが、
炭水化物・揚げ物の食べる量をいかに減らすことが出来るか、がポイントです!

ぜひ、過去の記事も参考にしながらダイエットに取り組んでみては?

第1弾 ダイエットに食事制限は必要?

第2弾 筋トレするとムキムキになる?

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回記事の予告 ~プロテインとの上手な付き合い方について~


筋トレするとムキムキになる?

筋トレというとなんだか筋肉がたくさんついてゴツくなる!というイメージをお持ちの方が多いのですが、実は・・・なお話し。

 

■筋トレするとムキムキになる?

答えは・・・どちらとも言えない、です。

「おいおい、それならタイトルおかしいじゃん!この流れならNo!でしょ!」

と、思いますよね。

そう、No! と言いたいところ。

ですが、筋トレもやり方次第で変わります!
やり方次第で、ムキムキにもなれるし、ムキムキにならず引き締めることも可能!

重いウエイトで高負荷で、トレーニング後にしっかりとプロテインを摂取して・・・なんてやってたらムキムキに近づくかも、いやムキムキですね。

 

■女性はムキムキになりやすい?

正解はNo!です。

女性は、女性ホルモンの関係上、アスリート並みの筋トレ&プロテイン摂取等をしない限り

ムキムキにはなることはありません!

a198224840a935e6033a10541d38e655_s

■筋トレで代謝UP!

基礎代謝という言葉を聞いたことありませんか?

基礎代謝とは人が生命活動をする上で消費されるエネルギーのこと。
例えば、呼吸をしたり、内臓が消化活動をしてくれたりなどなど。

でも、その中で一番は筋肉がエネルギーを消費しています。

筋肉が何してるかって??

姿勢を保っているんです!

人間生活をするのに軟体動物みたいにグニャグニャだと生活できないですよね。

だから、筋肉が1日生活をする中でたくさんエネルギーを燃やしてくれるんです。

そんな筋肉。

たくさんあればとっても身体にとっては良いんです。

ムキムキになって筋肉がありすぎると逆に身体が重くなりすぎて良くないのですが、適度にあるのはGOOD!

筋肉があると、エネルギーがたくさん消費されるので、代謝が上がり痩せやすく、

ポイントはここ

→ 太りにくい身体になる!

ってことです。
おまけに体幹が鍛えられれば姿勢も良くなり「美しい姿勢」になります。

筋トレをすると女性の場合は筋肉が再生する過程で成長ホルモンが分泌されるので
「美肌効果」も期待できる!

6694c186222c3221b40fd00a82cc2596_s

女性は、筋トレに関してはあまりムキムキになるとか気にせずに積極的に取り組むのがオススメですね!
もちろん、トレーニング方法によっては効率的に引き締まるものもあるので、

積極的に身体を引き締める!なんて時は

フラットにご相談くださいね!!

 

近いうちに、身体を引き締めるためのコンディショニングのページも作成します。
もう少々お待ち下さい!

 

まずはストレッチポールで全身のリラクゼーション体験してみませんか?
詳しくはストレッチポールのページから。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!


ダイエットに食事制限は必要?

クリスマスに、お正月。

カロリーなんて気にせずに大量摂取してのちのちに後悔することになるかもしれないそんな季節。
何もせずにその日を迎えると、現状にプラスされていってしまうな~と思い、
自分へのプレッシャもかけるために。

2715167ad107982190de65bc144102f5_s

▲ 食べずに痩せる

食事をしなければ、そもそも活動するのに必要なエネルギー源がないので必然的に痩せます。
身体に蓄えたエネルギーが全てなくなったら、蓄えていた脂肪がエネルギーとして使われます。

人間、数日食べなくても生きていられる!水分さえとっていれば。
数ヶ月前に某俳優さんが30日間絶食というダイエットをされていたそうです。
もちろん、水分しか取らず(正確には飴玉くらいは食べていた)なので、細っそりと。

断食だとかファスティングとか最近ブームですが、食べないことを理解し、
身体が受け入れてこそできることなのではないかな~と思います。

これらは間違った方法では危険なので、専門家のアドバイスが必要です!

7e062637d72f7d20421865441acfd891_s

● やっぱり食べた~い!

痩せたい!でも、やっぱり食べた~い!
という人が多いはず。

結果にコミットする!
がキャッチフレーズになっている某有名ジムのやり方だって食べていないわけじゃなく、
ちゃんと食べていますよね。

全く食べないのは、食事を楽しみにしている人からすると、そこを制限するのは最もストレス!

ダイエットは食べて良いのです!

大事なのは食べ方。

食べないダイエットはリバウンドのもとです!

食べても良いダイエット。
でも、痩せたいのなら、ちょっとした覚悟は必要。

覚悟せずに痩せるというのは・・・可能性が低い。

痩せるにはやっぱり覚悟、必要です。

覚悟 = 目標 です。

食べて良いダイエットは

積極的に食べるものと、抑えつつ食べるものに分けます。

<積極的に食べるもの>
豆腐や大豆などの豆類、肉(赤身)、魚介などのタンパク質と野菜や海藻、きのこ類

〈抑えつつ食べるもの>
米、お餅、小麦粉、パン、麺類の他、かぼちゃ、じゃがいも、さつまいもなどのイモ類。
プラス レンコンやソラマメ、フルーツ

● 糖質を抑えながら食べる!

朝、ひる、晩の全てで糖質(抑えつつ食べるもの)を減らすか、

朝、ひる、晩のどこかの糖質をカットしましょう。
できれば、夜はもう寝るだけなので、晩の糖質をカットが理想。

でも夜は無理!無理!なら、朝カットしましょう!

 

ついつい食べ過ぎる、そんな時期までおよそ1ヶ月。
さ、頑張らず、楽しみながら取り組みましょう!!

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

次回の記事【予告】  「筋トレするとムキムキになるの?」

 


í
up