ブログ

ホーム › ブログ

娘に誘われてひめトレエクササイズ指導を受けました。 ~お客様の声~

産後のポッコリお腹引き締めに、尿漏れ対策に「ひめトレ」

フラットのしんきゅうコンパス掲載ページに口コミをいただきました!

娘に誘われてひめトレエクササイズ指導を受けました。

正直なところあまり乗り気ではなかったのですが、
「エクササイズをするとウエストが引き締るから!」
という娘の推しに負けてしぶしぶ。

元々エクササイズという運動っぽいのが苦手で避けてきましたが、フラットさんで指導していただいたエクササイズは運動要素がほとんどなくて、これがエクササイズ?って感じでした。

どうしてこのエクササイズが必要なのか、そして行うとどういう効果があるかを簡単に教えていただきました。

ウエストを引き締めるとか別に私にはピンとはきませんでしたが、娘にも言えなかった尿漏れが改善したことに感激しました!

まさかこんな簡単なことで改善するなんて!

という想い。

これからもちょっと継続して娘には内緒でエクササイズ指導を受けてみようと思います!

(60代/女性)

そうなんです!

誰にも言えないから悩むんです!

正直、ウエストが引き締るよりも、

尿漏れが改善した

という方が喜んでいただける方が多いですね。
デリケートな悩みだからこそ、口コミもなかなか集まらないのですが、
書いてくださったN様ありがとうございました!

実際の口コミはしんきゅうコンパスフラット掲載ページよりご覧ください。


吐き気を催す頭痛がある時は鍼灸がおススメ   ~お客様の声~

吐き気を催す頭痛がある時は鍼灸がおススメ

フラットのしんきゅうコンパス掲載ページに口コミをいただきました!

吐き気を催す酷い頭痛がある時にお世話になりました。

根深そうなところの緊張が原因で吐き気が出ているのかなと、自分で思っていたところ先生曰く、やはり深いところがかなり緊張状態だったようです。

今まで受けた鍼はどちからというと優しい鍼でしたが、先生の鍼はかなりズーンという響きが強い!
でも、「ここからもうすぐ響きますよ~」って声をかけてもらいながら打ってくださったので安心でした。

言われた通りのタイミングでズーン!と来ましたし。
ズーンという響き感がだんだん弱くなってくるのと同じタイミングで頭痛と吐き気もスーッと抜けていきました。

打ってもらった鍼は数本だったと思いますが、かなり効きました。

アフターケアでも色々と教えていただきとても有難かったです。

自分には合う施術でした。
強い刺激が苦手な方でも調節してくれる繊細な技術を持っておられる…そんな雰囲気の先生でした。

本当に助かりました!

鍼灸治療コース
効果があってこの価格ならOKだと自分は思います!   (30代/男性)

実はフラットには鍼灸治療のコースがあります。

ホームページの鍼灸治療についてはこちら

 

ちょっと辛い!でも時間がとれない・・・という時は
症状によっては鍼灸治療がおススメな場合があります。
もちろん、全身のコンディショニングをするのがベストではありますが、
その日の辛い症状をまずは除去するという点では短時間で即効性のある鍼灸治療を
チョイスしてみるのも良いですよ。

詳細はしんきゅうコンパスのフラットページにて。


知らなきゃ危険!ファスティングって本当に痩せるの? 

ファスティングについてしっかり学んでいる人が進めるファスティングは
とっても良いのかもしれません。

でも、世の中しっかりと正しい情報を身に付けていない方でも情報が発信できてしまう。
そこが難点。

ファスティングって聞こえは良いけれど、間違うと本当に大変なのを知っている人がどれくらいいるのか。

フラットに来店いただいている方の中でも
「数日前までファスティングやっててさ~」なんてことを耳にする機会が増えました。

そこで、フラットの山田的視点でまとめてみます。


ファスティングとは

ファスティングは英語が語源でfastingです。
fastには「断食」という意味があり~ingの現在進行形、
つまり「断食している」という

断食の継続 = 食べない

というイメージが広がっているかもしれません。
ただ、最近のファスティングは「食べない」ではなく

酵素ドリンクや野菜ジュース、その他に食品の中で補助機能のあるものを
組み合わせて栄養素を摂取しながら行うものが多い。

ファスティングをする = デトックス に良い

というイメージが広がりつつあるのもそういった断食をするのではなく
適切な食事をとりながら

・脂肪の燃焼

・デトックス効果

を期待してのことです。

そもそも痩せたい理由は?

ダイエット(痩せる)するのは理由が無ければ始まらないですよね?
痩せたい理由がそもそも無いのにチャレンジは始まらない。

「あなたはなぜ痩せたいの?」

そこをまず明確にしましょう!

リバウンドしてしまうのはなぜ?

目標設定があいまいだから。
例えば、体重を落としたい方の場合。
あと〇kg減量したい!という目標を立てました。
そして、見事に目標を達成!
でも、次の目標が無いのでそれまで頑張っていた行為(運動や食事制限など)が
パタッと止まってしまう。
我慢していた分、例えば食べる方は抑えていた反動で爆食いしてしまうことも
あるのではないでしょうか。

目標設定が大事なのです

ダイエットをする時って目標設定しますよね。
ただ漠然とダイエットをする、という方はそうは多くないはず。

先ほどの「そもそも痩せたい理由は?」と重なりますが、
目標とするものがあるから頑張れる。

何も目標が無ければ頑張れないもの。
目標がモチベーションになるんです。

目標設定をする時のポイント

直近の目標と目標を達成した後の次の目標をたてることが重要。

達成可能な目標を直近の目標に。
そのあとのエンドレス(終わりのない)な目標をその次に置く。

なぜかというと、達成可能な目標を達成したらそこで目標が無くなって
これまでの生活に戻ってしまう。
好きなものを食べたり、飲んだり。

だからこそリバウンドしてしまう!

達成した次の目標は、達成したその体型や体重をどう維持するかという
終わりのない目標。

つまり、目標達成のために頑張ってきた!それを継続し続けると
そのままさらに減量を頑張るってことになる。

そうではなくて、達成した体型を、体重を維持することが可能な
OKラインがどこなのか、というところを見極めるというのが大事。

摂取カロリーでいえば、
一日4,000キロカロリーとって太ってしまっていたから、
ダイエットで一日1,500キロカロリーにして見事体重を落とせました!

で、4,000キロカロリーに戻してしまうとリバウンドが起こります。
落とした体重のまま維持するには一日何キロカロリーまで摂取して
大丈夫なのか、というOKラインを見極めるのです!

体重を落としてお洒落な服を着たい!

という目標を達成!
見事にお洒落な服を着ることができました。
でもその服を着れるのがほんの一時で良い?

いや、
この先もずっと、お洒落な服を着続けたい!

これが次なる目標ですね。

無理なくできるレベルで行おう

ファスティングは糖質をほぼ摂取せずに進めます。
そうすることで、エネルギーを糖質に依存していた身体が
脂質に依存するようになる。
つまり、脂肪が燃焼しやすい身体に切り替えるためのスイッチを
入れるための行為とでも例えるとわかりやすいでしょうか。

もちろん、糖質を完全に断ってしまえば糖質依存型から脂質依存に
早く切り替わるかもしれません。

ただ、糖質をカットすることで

・ 過去に経験のない低血糖状態になる

・ 空腹に耐えれず爆食いしてしまう

・ 吐き気が止まらない

・ 食べるということを抑えることでストレスが溜まる

といったことが考えられます。

ファスティングは脂肪が燃焼しやすい身体にするための方法です。
必ずしも糖質をカットしなければいけないわけではなく、

「制限」すれば良いのです。

いきなりカットではなく少しずつ。

そうすることで身体も徐々に糖質を必要としなくても大丈夫になってきます。

まずは糖質制限から。

こんな方は向いていないかも

根っからの炭水化物大好き人間にはお勧めできないもしれません。
炭水化物を制限することでストレスが溜まってしまう可能性があります。

それと、極端に筋肉が少ない人。
脂肪が燃焼するとともに筋肉もエネルギーとして消費されてしまうので
身体を支えてくれる筋肉が弱くなってしまいます。

フラットでのダイエットのおススメはこれ

ゴリゴリのファイスティングはお勧めしません。
フラットでは、食べながらのダイエットをお勧めします。

もちろん、摂取し過ぎている糖質があるのであれば抑えていたっだき、
その日その日で使いきれるくらいの量の糖質に抑えて、尚且つ

脂肪が燃焼しやすいように、

姿勢を保持する筋肉を活性化させる

というもの。

基礎代謝の半分以上を筋肉が担っています。
つまり、なにもしなくても人はエネルギーを消費しています。

その代謝を上げるには、姿勢を正すこと。
そして、正しい姿勢で動くことです。

それを可能にしてくれるのが

ストレッチポールであったり、ひめトレエクササイズです。

ポールでまずは姿勢を整え、筋肉のエネルギー燃焼効率を上げること!


それにより、せっかくの糖質制限で脂肪燃焼型にシフトチェンジした身体の
脂肪が燃焼されて引き締まってくる!というわけ。

まとめ

ファスティングにはリスクはない、と思われがちですが、
知らずに取り組めば、痩せれないという悩みが増幅して
リバウンドを繰り返すという最悪の事態に陥るはず。

そうならないためにも、事前の準備がとっても大事です。

気軽に取り組んでよいものではないので、まずは気軽にフラットに
お問い合わせください。

 


スマホサムとは?意外と知られていない手首の痛みの原因。 

最近、耳にするようになったスマホサム。
正式にはスマートフォンサムのこと。

スマートフォンはわかりますよね。
では「サム」は?

というと、親指のこと。英語で親指はサムというんですね。

ふむふむ、それだけでも勉強になったぞ!
って方もいらっしゃるかもしれません

が、今日はそこで終わらずに!

続きを読む »


玉ねぎヨーグルトで便秘解消! 得する人損する人で紹介・ラクやせ

11月2日(木)に日本テレビで放送されていた「得する人損する人」で
紹介されていた玉ねぎヨーグルトダイエット。

他にも最近はやりの帳消しダイエットやファスティングで痩せるという
企画でした。

その中でも、だれでも簡単にそして便秘の方におススメだな~と思った
玉ねぎヨーグルトダイエットのレシピを見逃した方のために。

続きを読む »


美容鍼灸モニター募集します! 《毎月先着10名様限定》 

昨年に引き続き・・・
美容鍼灸のモニターを募集します!

夏に受けた肌のダメージを
修復するために!
細胞を活性化
させるための美容鍼灸。

限りなく短期間で結果が出る。
その半面、施術料金が高く、仕上がりに不満があっても
施術を受けたら元の状態に戻そうにも
戻らない可能性の高い美容整形。

それに対して繰り返し施術を受けることで肌の細胞が活性化して
徐々に状態が上がってくる!

状態が上がる → 肌が元気に美しくなる!

それが美容鍼灸のメリットです!


美容鍼灸(約45分)

通常 ¥6,600(税込) ・・・鍼の目安は30~40本
→ ¥2,500(税込) × 3回

(1回あたりなんと¥4,100お得に!)

3回受けていただくことを条件に
通常¥19,800(税込)  ¥7,500(税込) にて

受けてみたい!という方は
気軽にお問い合わせください!

条件はこちらから


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

LINEからでもご予約&お問合せ受け付けます!

友だち追加数

フラットをお友だち登録すると最新情報が手に入る!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


モニターの応募に際して条件がございますので
すべての条件OKです!という方のみご応募ください。

<モニター応募の条件>

・ Before → After の写真撮影OK(ブログ等への掲載も)の方
過去の掲載例はこちらから

・ 初回体験後に次のご予約を入れていただける方
  (次の施術の目安としては2週間~1か月後までの間)

・ 3回体験していただける方

・ アンケート&感想をいただける方

※ 前回のモニターの応募をされた方も今回応募OKです!

※ 先行予約受付中(10月中は3名様まで受け付けます)

※ 毎月募集する予定です!

鍼はすべて使い捨てで顔用の細いものを使用します

 

【おススメ】 美容鍼灸関連ページ


20代、30代で五十肩(肩関節周囲炎)と診断されてもショックを受けないで! ~知って治そう偽五十肩~

知って治そう偽五十肩!

五十肩って何?

そもそも、な話から。
五十肩は広義と狭義の捉え方が一般的で、
広義の定義では肩関節の周辺に痛みがあり、可動制限がある症状。

狭義の定義では疼痛と拘縮(固まって動かない)を伴う。
つまり、肩関節の中の腱板や、腱に石灰が沈着していたり、
年を重ねるごとに使ってきた身体のパーツに何かしら問題が出てきたことでの
痛みや拘縮による動きにくさがある場合。

20代、30代でも五十肩と診断されるのはなぜ?

若いのに

「五十肩と診断されました。」

といって、肩を落として来店される方がフラットには沢山います。
でも、そんなにショックを受ける必要はないのです。

簡単に解説しましたが、

「肩関節に痛みがあり、可動制限がある症状」

が五十肩と広い意味で定義されています。
詳しく調べると病名がつくけれども、肩関節に痛みがあって
可動制限があったら「五十肩」でしょ、って

とても便利なフレーズになってしまっているんですね。
実際、間違いではないですから。

診断されたらどうすれば良いの?

皆さん、肩関節が痛かったら病院で何科に行きますか?
聞かずとも整形外科ですよね。

整形外科はよっぽどのことが無い限り画像診断が主になります。

つまり、受診したらレントゲンなり、MRI検査。

その検査の画像から異常があるか無いかと、
徒手検査(機械を使わない)簡単な検査で診断されることが多い。

画像でわかるのは骨と筋肉と軟部組織。

ここで画像上、問題なかったら五十肩と診断されるようです。
(※これまでフラットに来店された方の聞き取りから)

で、あ~五十肩か、とショックを受けるのではなく

「骨や筋肉に異常はなかったんだ!」

前向きにとらえましょう!

 本当の原因はどこにあるの?

人の身体は構造上できる動きとできない動きがあります。
ただ、構造上できなくてもやろうとしてしまう、かばう動き(代償運動)があります。
以前の記事、
お悩み解決!ママさんバレーボーラーにありがちな腰痛。
をご覧いただくと、なんとなくわかってくると思いますが、

要するに、「姿勢」なんです!

姿勢が崩れてしまって、身体の構造上できなくなってしまっている、
この場合は腕を上げる(バンザイ)動作などを繰り返し行ったことで

肩が痛い!可動域が制限された!

ということになります。

(必ずしも「姿勢」が原因ではなく、本当に何かしらの
病気と関連している場合もあります。)

どうすれば治る??

はい、姿勢が原因であれば痛みは無くなりますし、
可動制限もなくなります。

「姿勢」を正せば良いのです!

簡単に言うけど・・・と思われますよね。

でも、ストレッチポールという素晴らしいツールを使えば

たった10分で姿勢が整います!
(完全に整うわけではないですが・・・)

まずは一度ポール指導を受けることをお勧めします!

自分に合ったポール(ストレッチポールは3種類あります)で、
適切にエクササイズを行うことで劇的な変化があるはず!!

お客様の声

ちなみに、こちらの女性は20歳半ば。
ある時、肩が痛くなって整形外科を受診。
「五十肩」と診断されたそうです。

まわりには

「その年齢で五十肩?」

「え、二十肩ってあるの?」

といじられていたとか。

フラットでは、簡単に全体を緩めて整える施術をしてから
ストレッチポールに乗っていただきました。

半年以上続いていた肩の痛みが

嘘のように消えたと喜んでいただけました!
ちなみに痛かったのは右肩

コンディショニングに要したのはたった2日です!

まとめ

20代、30代で「五十肩」と診断されるのはショックかもしれません。

ただ、若ければ若いほど、姿勢が原因で痛みや可動制限は
改善するのも早い!

ストレッチポールを使ったエクササイズは
たった10分でできるセルフケアです。

これからの痛まない身体づくりのためにも取り組んでみてはいかがでしょう!

 

【オススメ】ストレッチポール関連記事


産後ママから子育てが終わったお母さま方に人気の「ひめトレ体験会」 ポッコリ下腹もこれでスッキリ!

先日「ひめトレ体験会」を開催しました。

といってもフラットの体験会は贅沢にもマンツーマンの
パーソナルレッスン♪

そこが我々のうりでもあります。

ちなみに「ひめトレ」はこれ!

女性は男性に比べて尿道が短い。
だから女性は尿意を我慢し過ぎると「膀胱炎」になりやすいんですね。

続きを読む »


í
up