お客様の声:やっぱ来て正解だったわ~!

ホームお客様の声お客様の声:やっぱ来て正解だったわ~!

ここ数年、フルマラソンに限らずランニングブーム!ですよね。

あっちでも、こっちでも明るいウェアを着て走る方をよく見かけます。
当店でもランナーの方が多く来店されています。

と同時に、ダイエットを兼ねている方も多い!

もともとスレンダーな方が走るのと、太り気味でダイエットしないと!
って考えて走る人と同じように走っていてはダメ!

それはなんとなく、わかるわかる!とうなづかれると思います。

どうしてダメなのか??

根本的に、体重が重い方は運動量が少ない!
だからその分、膝や足首などの関節にもろに体重という負荷がかかります。

そもそも運動量少ないわけだから筋肉量も少ない!
そんな身体にいきなり連続した負荷をかけるのは危険です。

負荷をかけすぎて膝を、足首を傷めた!となると
そこからまた動けない、運動しない日々が始まってしまいます。

いかに運動を継続するか、が鍵!

まずはウォーキングからでも良いのです。

ある程度動ける身体にするにはウォーキングから。
もっといえば水中ウォーキングが一番膝や足首の関節に
負荷がかかりませんので安心です。

動ける身体にして、体重を少し落としてからゆっくりと走る。

それでOKなんです!最初から焦ってはいけない。

実はそういうスタートをだったのですが
体重もだいぶ落ちて、フルマラソンも何度か走って・・・
もう少し体重が落ちると何かと楽なんだろうけどな~、
と悩んでおられるお客様が来店されました。

今回は足に痛みがあるということで、痛みを抑えるべく
コンディショニングをして、どうして痛みが出ているのか、
こうすれば痛みが減りますよ!というアドバイスをしました。

それともう一つ!

せっかくストレッチポールを持っていて、自分で良い位置
ニュートラルの位置に整えることができても、
走るときの靴の踵がすり減っていては台無しである!

ってことをお伝えしました。

シューズは見た目がキレイであれば履き続けてOK・・・ではないのです。

いくつか大事なポイントはありますが、

踵(かかと)が大事です!

特に多いのが踵の外側がすり減る、外体重の方。

凹脚の方はだいたい外側がすり減っています。
すり減った靴を履き続けると、どんどん外体重が酷くなり
膝に痛みが出てきます。

仮に、ストレッチポールで姿勢を整えて体重のかかる位置が
正しい位置になったとしても、外側がすり減った靴を履いた瞬間に
一気に整ったからだが崩れて凹脚一直線!です。

ストレッチポールで整えたのが台無しに。

ご自身の身体の癖によって、靴の踵の減り方は違うもの。

まずは、メインで履く靴の踵をチェックしてみましょう!

ご来店いただいたお客様は

「膝を痛める前で良かったわ~!」

と思わず口にされていました。

せっかく走るなら、傷めないように楽しく!ですね。

何か運動を始めてみよう!と思う方はまず気軽に身体のチェックを
してもらってから始めるのも良いかもしれませんよ~♬

当店ではいつでもご相談承ります!

LINEからの相談承っています!
友だち追加がまだの方は下のバナーをタッチして追加をしてください。

友だち追加

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

当店で初めて施術を受ける方は
コンディショニングコース(60分)がおススメです!

詳しくはこちら → コンディショニングコース

状態に合わせて施術させていただきます。

オンラインでのご予約をご希望の方はこちら

オンライン予約

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この記事を書いた人
<院長 : 山田修平>
ただ揉み解して気持ちよかった!で終わらず、その気持ち良い身体が長続きするためのコンディショニングをコンセプトに施術しております。
身体のことでお困りの方は気軽にご相談ください。
美容鍼の施術も行っています。
í
up