花粉症で鼻をかみすぎて首が凝った時は鍼治療がオススメです。

名古屋市名東区上社のフラット鍼灸院です!

晴れた日はたくさん飛んでいるであろう花粉。
それによって悩まされる花粉症患者様たち。

本来の花粉症の症状以外に、実は鼻をかみすぎて首が凝ってしまうというケースが実は多いけれど、皆さん気づかずに生活をされている。

それ花粉症が影響してるかも!という症状と、和らげるための方法お伝えします!

もくじ

花粉症とは?

鼻の穴から入ってきたスギ等の植物の花粉に対する免疫反応によって鼻水等の症状が引き起こされることを花粉症といいます。

どうして起こる?メカニズムは?

鼻の穴から入ったアレルゲンが鼻腔内(鼻の奥)の粘膜に付着すると、体内に抗体が作られマスト細胞という細胞に結合します。
その後再びアレルゲンが侵入してくるとマスト細胞からアレルギー誘発物質が放出されることにより鼻水等のアレルギー反応が引き起こされます。

アレルゲンは花粉だけでなく、ダニなどによっても引き起こされます。
一年を通して症状のあるものは通年性アレルギー性鼻炎。花粉によって症状が出るものは季節性アレルギー性鼻炎と呼ばれます。

鼻・目の症状を引き起こすメカニズムは?

くしゃみや、鼻水は身体がアレルゲンを鼻水で洗い流そう、外にアレルゲンを出そうとしている反応でもあります。

アレルゲンに反応して放出されるヒスタミンなどの物質が神経や血管を刺激して鼻炎や目の症状を引き起こします。

くしゃみ、鼻のかみすぎ、鼻づまりによる頭重感

くしゃみや、鼻水が出るから鼻を頻繁にかんだり、鼻がつまってしまったりという症状が出ると、目が重くなったり、頭が重く感じる頭重感が現れたりします。

花粉症の時は首の筋肉の緊張による症状が多い

鼻をかんだり、くしゃみをしたり、鼻をすすったりする時に知らず知らずのうちに緊張しているのが胸鎖乳突筋。もちろん、この筋肉だけでなくこの周りの筋肉も緊張しています。

普段コリ感は首の後ろ側や肩でも背中側で感じることが多いかと思います。でも、上記の行動をする時は、首の前側の胸鎖乳突筋が緊張していることがとても多いです。

そして、この胸鎖乳突筋はあまり辛さを感じないという特徴があります。
代わりに、後ろの背中側の筋肉が辛いような感覚が現れます。

胸鎖乳突筋に鍼を打つとスッと緊張が緩む

緊張した胸鎖乳突筋に鍼を打ち、電気を流します。
決して、強い刺激を入れるわけではなく、心地よい強さの電気を流すことで筋肉が緩むきっかけを与えてあげる、そんなイメージ。

鍼治療で筋肉が緩めば、後はご自身で緊張していた筋肉のストレッチに取り組んでいただくことで今後の症状も緩和させることが可能に。

まずは、辛い時にピークの症状を和らげる、それには鍼治療がオススメと当店ではお伝えしています。

怖いイメージが強いかもしれませんが、お顔に使う細さの鍼を使用しますので、刺さるときにチクットするか、あ、刺さったかな、と感じる程度です。

ちょっとでも症状を軽くしたいならご相談を

花粉症や、それに関連する症状で悩んでいるという方!
まずは気軽にご相談ください。

花粉だけではなく、姿勢や生活環境によって辛い場所は人それぞれ。
当店でオススメしている施術では、鍼治療だけでなく、マッサージやストレッチなどを組み合わせて緊張を解き、楽と感じるところを導きます。

鍼が苦手、という方には他のアプローチも可能です。

まずは、コンディショニングコースで身体全体の調子を整えるのがおススメ!
気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事を書いた人

名古屋市名東区上社にあるフラット鍼灸院は、その場限りの施術ではなく、肩こりや腰痛などの姿勢が悪いことで起こる様々な現代人の悩みを根本から改善していく施術と、いつまでも若々しくいるためのアプローチを美容鍼で行う鍼灸院です。日々のケア方法やオススメの施術についてなどの情報発信します。

もくじ
閉じる