気付いたら痛みが消えている。痛かったことすら忘れている。 それがセルフコンディショニング!

名古屋市名東区上社の自分で自分の身体をケアする!そのためのサポートに取り組むフラット鍼灸院の山田です!

なかなか自分の身体のケアをすることに時間をかけるという人は多くありません。どちらかといえば、自分の身体のケアを誰かにしてもらう、という方がまだまだ多い。

確かに、まったくケアしないよりは良いですが・・・。

ご自身の身体。傷めて困るのは自分。

傷めてから後悔しても遅い、というケースを何度も見てきました。

辛い痛みが出る前に、自分でケアをするセルフコンディショニングに早く興味を持っていただければと思い記事にしましたので、よろしければご覧くださいませ。

もくじ

セルフコンディショニングのご紹介

オフシーズンはシーズンに入るまでにちょっとでもパフォーマンスを向上させよう!とコンディショニングに取り組んでいる方がたくさんおられます。

ママさんバレーをしているお客様(以下、H様)のコンディショニングの経過をご紹介。

H様は当初、バレーボールでアタックやサーブの際に肩を上げる、という動きで痛みを訴えていました。

マッサージやストレッチなどの施術でも改善は見込めましたが、回復する前に次の練習が入ってしまうので加速度的に改善!とはいきませんでした。

改善しては傷め改善しては傷めの繰り返し。施術は1週間に1回。

週1回の施術でケアをしても、週2~3回練習してしまうと、改善するものも改善しない!

簡単に言うと、週1回施術を受けても残りの6日間どう過ごすかが症状の改善には非常に重要。

ということで、ストレッチポールを使ったコンディショニングにシフト。

当店での施術+自宅でのストレッチポールを使ったコンディショニング、つまりセルフコンディショニングが始まりました。

こうして、週1回の施術と週7回のセルフコンディショニングをしていくことに!

ストレッチポールを使ったコンディショニングで行うことは?

簡単に言うと

  • 緩めて整える
  • 締めて安定させる
  • 効率よく動く

の3つ。

逆に言うと、効率よく動けないから肩が痛い。肩が痛い時っていうのは締まっていないし、安定もしていない。つまり歪んでいる状態。歪んでいる状態から緩めて整えていく!

それがストレッチポールでまず取り組むことです。

緩んだら、締めて安定させる

ストレッチポールを使ったエクササイズには基本的なものから応用編まで沢山種類があります。

「緩んだら、締めて安定させる」

ただ、寝ているだけじゃないか?と思われるかもしれませんが、これが意外と大変!

締めて安定させるには体幹(頭・手足を除いた部分)深部にある筋肉を活性化(使えるようにする)させる必要があります。

この深部の筋肉が上手く働く状態にあるかどうかで安定性の有る・無しが分かれます。

深部の筋肉が働きやすくなると・・・

深部の筋肉が上手く働いていない、という方に多いのが

「ポッコリお腹」です。

何をやっても引っ込まない!ダイエットしても、お腹だけが引っ込まない!深部の筋肉が使えるようになればすぐにシュッと引き締まるんですけどね。

話がそれましたが、
※下記図の4つの筋肉が深部の筋肉です。

以前もひめトレの記事でお伝えしましたが、腹横筋・横隔膜・多裂筋・骨盤底筋群の4つの筋肉が働くようになったら、さらにステップアップ!

深部の筋肉、体幹、手足の筋肉が効率よく動くようにエクササイズを取り入れます。

3カ月セルフコンディショニングを継続した結果は?

当店で約3か月間お伝えしたストレッチポールを用いたコンディショニングをご自宅で行っていただき、先日ご来店の際には

肩の痛みを感じていないし、肩が痛かったことすら忘れている、そんな状態まで改善。

痛みを忘れてしまったのではなく、ご本人的には日々変化する身体の感覚を感じ取れていない、だってほんの少しずつ変わっていくので。

少しずつの積み重ねで結果、痛みが消えたという事実。

現在は、痛かった時から痛くない今のフォームになったことで感覚のずれが生じているとこのと。ボールを打つポイントが以前と少し変わってしまったために微妙に上手く打てていないそうです。

ただ、これはバレーボールの技術的な問題で、ここを解決すれば痛かった時よりも良い感覚になりますよね。だって、プレー中に痛みが無いのだから。

現在は、当店でのコンディショニング(施術)は終了してセルフコンディショニングを継続中です。

~したい!こうなりたい!の実現にはセルフコンディショニングが不可欠!

出産後、下腹部のぽっこりがなかなかへっこまないのを引き締めたい!とか、姿勢が崩れて肩こり腰痛が激しいのを改善したいとか、

H様のようにスポーツでのパフォーマンスを向上させたい

などなど、セルフコンディショニングをすることで実現は可能です!

ただ、セルフコンディショニングのセルフは自分。つまり、セルフコンディショニングの基本は

「自分で整える」

です。

その点をしっかりとご理解いただき、ぜひ今よりも良い身体にしていきましょう!年齢を理由に諦めてしまってはいけませんよ~!

興味のある方はストレッチポール指導のページをご覧くださいませ♪

まとめ

冒頭にもお伝えしたように、身体の改善には当店で受ける施術だけではなくご自身取り組むセルフコンディショニングがとても重要です。

もっと身体を良くしたい!という想いをお持ちでしたら、当店でお伝えするメニューを自宅で取り組んでいただければ改善、変化を感じ取れると思います。

まずは!やってみよう!が大事です。

いつでも相談を承っておりますので気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事を書いた人

名古屋市名東区上社にあるフラット鍼灸院は、その場限りの施術ではなく、肩こりや腰痛などの姿勢が悪いことで起こる様々な現代人の悩みを根本から改善していく施術と、いつまでも若々しくいるためのアプローチを美容鍼で行う鍼灸院です。日々のケア方法やオススメの施術についてなどの情報発信します。

もくじ
閉じる