使いすぎていないのに腱鞘炎??その正体は゛スマホサム”だった!

名古屋市名東区上社の姿勢と健康と美容にアプローチするフラット鍼灸院の山田です!

先日、楽器を演奏するために指を酷使する、という方が来店されました。

ご予約の際に、腱鞘炎で辛いとうかがっていたので、カウンセリングの際にどういう経緯でそうなったのかな??と確認したところ、どうも楽器の演奏が原因ではなさそう。

ご本人にはあまり指を使った記憶がない時期から痛みが出だして、しっかりと指を使わなくてはいけなくなった最近のタイミングで痛みがピークに達して日常生活にも、楽器演奏でも指が使いづらい状況に追い込まれているとのことでした。

で、指を使わなくてよい時期、何をしていたのか??

何もしていなくて痛くなるわけがないわけで・・・

この方は、学生さんということもあり、休みだったなら何が原因になりうるか、想像してみたところ思い浮かぶのは一つしかありませんでした。

何かというと・・・「スマホ」です。

休みの日に何をするか。

特に何をするわけでもなく・・・となると、自然とスマホを触っている時間が長くなる。でも、本人的にはそんなに長く使っている感覚はない。

そう!

スマホって、常に当たり前のように使っているがゆえに基準がわからない。だから、人より触っている時間が長いとか、そんな感覚は無い!

よくよく思い出してもらうと、休みだったから割と長いことスマホで色々と情報収集や文字を打ったり動画を見たりしていたとのこと。

今の学生はなんと、ガラケーを使ったことがない。

携帯を持つ = スマホを持つ

ということ。

で、最近のスマホは画面が以前に比べると巨大化している。

男性でも、文字入力の際に片手打ちよりも両手で打つ方が早い。でも、なんとなく片手で打っている人が多いんではないでしょうか??

ましてや、手の小さな女性が巨大化したスマホ画面で文字入力をしようもんなら親指の使用頻度はすさまじく多くなるし、親指の可動域とんでもなく広くなってしまう。

こういったことから親指の無理な動きの繰り返しが腱鞘炎につながるというわけです。

最近では、こういったスマホ操作の繰り返しで傷めるものが

“スマホサム”

と呼ばれています。

では、どうしたらこの症状を改善できるのか・・・答えは、できる限りスマホを使う時の親指の可動範囲を狭めること。

片手操作をやめよう!

片手操作をやめて、両手で操作するように心がける。そして、少しでも良いのでスマホを使用しない時間、休憩の時間をつくることです。

大げさかもしれないですが、よく使ってしまったな~という時は手首をアイシングするのもオススメなセルフケアですよ。

便利でなくてはならない、まさに相棒の様な存在にまで昇りつめてしまったスマホ。

スマホが無いと落ち着かない、という方も多いかと思います。が、少しスマホを置く時間をつくることも必要ではないでしょうか。

皆様のちょっとした参考になれば幸いです。

スマホサムのケアにはコンディショニングコースがおススメです!お気軽にご相談ください。

名古屋市名東区上社のフラット鍼灸院では身体のケア、痛まない体づくりに力を入れています。

興味ある方は気軽にご相談くださいませ。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事を書いた人

名古屋市名東区上社にあるフラット鍼灸院は、その場限りの施術ではなく、肩こりや腰痛などの姿勢が悪いことで起こる様々な現代人の悩みを根本から改善していく施術と、いつまでも若々しくいるためのアプローチを美容鍼で行う鍼灸院です。日々のケア方法やオススメの施術についてなどの情報発信します。

もくじ
閉じる