腰の痛みを改善すべく行うセルフストレッチは伸ばす順番と強度が肝心!【お客様の事例紹介】

当店のお客様で腰の痛みを和らげるべくセルフストレッチに取り組んでいるお客様がご来店くださいました。しっかり運動前と運動後にケアを行うことはとても大事!

なんだけど、パーソナルで運動を見てもらっているトレーナーさんが指示する動きをやろうとするけど・・・なぜかできない。自分ではやってるつもりなのに、できていないと指摘される・・・。

無理やり身体を使った結果、腰の奥の方に痛みが居座ってしまい、その痛みがストレッチで和らがないのが悩みとのことでした。

ご自身で知っているストレッチをやってみたものの変化がなくお困りだったお客様の改善に向けて気をつけるべき大事なポイントは順番!

ストレッチは筋肉を伸ばす場所、その順番が大事!詳しくまとめていきますので、自分と同じかも!って思った方は参考にしてみてください!

もくじ

腰の痛みの改善にセルフストレッチはとても大事

ストレッチをしている女性

身体を使ったら使いっぱなし、というのが一番よくないのは薄々勘づいていますよね?使ったらストレッチをする、という取り組みは正解です!

腰の痛みが出ないように、あるいは出てその改善のためにセルフストレッチをするのはとても大事です。

でもセルフストレッチでは痛みが改善・緩和しない、ということがあります。

なんででしょう??

今日はしっかり運動したわ〜!と明確に「身体を動かした!」とはっきりと認識しているときだけセルフストレッチする、というのはNGです。

なぜなら、皆さん日常生活で身体を使っていますよね?

通勤、仕事中のデスクワークや、外回りの営業や車の運転などなど。

実は当たり前に身体を使っているんだけど、汗をかくような運動じゃない日常生活は身体を使っていることに入らない??

って思ってませんか?

日常生活でだって身体は使っています!歩いたり、立ったり座ったりする姿勢を支える筋肉は働き続けていますよ〜!

それでもセルフストレッチをしなくて良いでしょうか?

そういう視点で考えると当たり前に必要だ!とわかると思います。

明確に運動して身体を使った!というタイミングでのストレッチではなくて、日々の生活の中で偏って使っている身体の部分ごとのストレッチがとても大事!

腰の痛みの改善には痛みを感じる場所、つまり腰のストレッチが1番ではなくて、立ちっぱなしなら足のストレッチ、座りっぱなしなら股関節周囲のストレッチなどから始める!

まずは使い続けている筋肉をストレッチをするのがポイント

ここまでですでに、全ての人にセルフストレッチは必要だ!って気づかれましたか??

セルフストレッチは伸ばす順番・強度がポイント

日常生活の中で使う筋肉と、運動をする時に使う筋肉には使われる頻度に差があります。

運動をする前に、今から使う筋肉を伸ばすというセルフストレッチは大事。

でもそれよりも大事なのが、日常生活で使われている筋肉と使われていない筋肉を伸ばすことの方がもっと大事です!

例えば、デスクワークの人が週末だけランニングをするとします。

普段のは座った姿勢が長いので、股関節は90度の姿勢が続きます。座った姿勢では股関節周囲の筋肉は使われない状態です。

ランニングでは?日常生活で座ったままで使われていない股関節周囲の筋肉が過剰に使うことになりますよね。

多くの場合、太ももの裏側や前側を伸ばすストレッチはすると思いますが、動きの多い股関節周囲の筋肉は伸ばされていない!のが現実。

ストレッチしているようで実はしていない筋肉があるので色々と不具合が生じてしまいます。

順番としては普段の生活の中で使われていない筋肉なんだけれど、運動の時には使う筋肉をまず伸ばすことと、強度がポイント。

普段あまり使っていない筋肉をいきなりしっかり伸ばすのはNGです。しっかりストレッチすると逆に筋肉を傷めてしまうことがあります

使っていない筋肉を使わなければいけない時(運動時)は、まずゆったりと緩めの強度で伸ばしてから徐々に強めに伸ばすのがポイントです。

今回のお客様の事例は?

パーソナルトレーニングでトレーナーさんに運動姿勢を見てもらっている時に、トレーナーさんが指摘するように身体がうまく動かせず、無理やり動かしてしまって違和感が出てきた。

日々の生活の中でセルフストレッチを行っているけれどなんだか腰の奥深くの筋肉が緩まない!というお悩みでした。

当店で行った施術は

デスクワークというお仕事、趣味で行っていることなど身体の使い方から判断して股関節のストレッチをして大元の原因となっている場所を緩めてから順番に解したり、一部緊張のある箇所に鍼治療。

結果、腰の違和感がほぼ無くなりました。

【今回のお客様の場合】

やり方が間違っていたわけではなく、伸ばす順番と強度が強すぎたことに問題があっただけ。ここを訂正して取り組めば身体の動きが変わってきます。

実際に施術の際に緩むであろう順番で緩めたところ痛みや違和感が消えていって驚かれていました。

大事なのは伸ばす筋肉、緩める筋肉の順番と伸ばす強度ということをお伝えしたところ自分で取り組むセルフストレッチが効果が出なかった理由がわかり、腑に落ちた様子でした。

セルフストレッチで筋肉を伸ばすやり方と順番と強度がわからない時

なかなかストレッチのやり方や順番、強度についてはご自身ではわからないと思います。

伸ばす方法はたくさんあります。

どの方法が自分に合うか知ることが大事。合わないのにその方法しか知らないからという理由でやり続けているというのは非常にもったいない!

当店では施術の際にお話を聞いて、職種ごとに異なる身体の使い方を把握します。また、取り組むスポーツに合わせて必要なストレッチ、伸ばす順番をお伝えしています。

しっかりセルフケアをしよう!という方ほど順番を気にせず効果を引き出せていないことが多いです。それとセルフストレッチを行って満足、という人が多い。

良かれと思ってやっていることが実は身体に良くなかった、身体を苦しめていたというケースもあるので、ぜひ一度やり方についてなど、気軽にご相談ください。

ご予約方法について

身体の状態に合わせてお伝えしますので、一度コンディショニングコースでご予約ください。

痛みや何かしらの不調がある方はコンディショニングコースの60分コースを。特に痛みや不調はないという方は45分コースを選択してください。

放ったらかし、が一番心配です。

ぜひ、当店に皆様のセルフケアのお手伝いをさせてください!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事を書いた人

名古屋市名東区上社にあるフラット鍼灸院は、その場限りの施術ではなく、肩こりや腰痛などの姿勢が悪いことで起こる様々な現代人の悩みを根本から改善していく施術と、いつまでも若々しくいるためのアプローチを美容鍼で行う鍼灸院です。日々のケア方法やオススメの施術についてなどの情報発信します。

もくじ
閉じる